末期がん患者からの助言「それでも生き甲斐を見つけて!」

  「申し上げにくいのですが、肺に悪性の腫瘍があります。」 「進行状況はステージ4です。このまま何もしなければ持って3ヶ月。長くとも半年でしょう。」   確かに、ここ1年で私の体重は10kgほど落ちま

Read more

世界と日本の「安楽死」「尊厳死」事情 〜 幸せな死に方とは…

  スイス、オランダ、ベルギー、アメリカ、スペイン、日本。。。国が変われば、文化も価値観も大きく異なります。それは「人間の最期」のあり方についても同じこと。 「老いていくことは不幸だ」と感じていたAさん (80

Read more

【闘病有名人】がんを克服し「生前供養」を済ませた俳優・黒沢年雄さんの人生観とは

  がんの多くは予防可能な生活習慣や環境要因を原因とする生活習慣病とされています。もちろん、年齢とともにリスクは高まり、遺伝的な要素も考えられます。 ただ、食事は大事です。「がんの原因にもなれば予防にもなる」の

Read more

「未来の自分」から見た「今の自分」は希望と可能性に満ち溢れている!

  平均寿命が延び、100歳以上の高齢者が6.5万人以上もいる現代の日本において、80歳くらいはまだまだっ!一般的には60歳頃をめどに定年退職し「老後」となるのかもしれませんが、「学ぶ」「働く」「成長する」こと

Read more

【ガーナのユニークなお葬式】天国への旅立ちをダンスと笑顔で祝福

  日本のお葬式といえば、厳かな雰囲気の中でお経が読み上げられ、故人を想い、別れを悲しみ、暗い雰囲気が会場全体を覆っている。。。こんな感じではないでしょうか。 ただ、ところ変われば文化も変わります。アフリカのガ

Read more

家族の死後、後悔で「うつ病」にならないために…

  大切な家族 (特に親) の看取りは誰しもが経験するものです。ただ、「ゆっくりと最期のお別れをすることができなかった」と後悔する人も少なくありません。 まだまだ元気だからと大切なことを話し合わず、「ありがとう

Read more

小林麻央さんに後悔なし?「余命」「障害」「重病」を告知された人とその家族が考えること

  余命を告知されたとき、自分や家族の重い病気や障害を知らされたとき、人は大なり小なりショックを受けます。そのショックから事実を受け入れるまでに、人はどのような心理的プロセスをたどるのでしょうか?  

Read more