カップル (夫婦) の倦怠期に効果的なマンネリ解消法

 

どんなにラブラブなカップルであっても、一度くらいは必ず訪れると言われている「倦怠期」。とても厄介なものですが、これをどう乗り越えるかが今後を大きく左右します。「うまくいくか、別れるか…」

なんだか物足りなさを感じてしまったり、嫌なところばかりに目がいってしまったり・・・

というわけで今回は、「倦怠期のサイン」「マンネリ解消法」などについてまとめてみました。ぜひ参考になさってみてくださいね!

 

「倦怠期」はカップルの試練

まずはじめに、倦怠期は「2人の関係を試す “試練”」のようなものだということを覚えておいてください。そうは言っても、倦怠期が原因で険悪な雰囲気に陥り、関係が消滅してしまうリスクも伴います。では、いったいどうやって乗り越えたらいいのでしょうか?

 

 

「倦怠期」のサイン

これが当てはまったら倦怠期かも…

 

 

〈倦怠期のサイン〉

・ 会話よりスマホに夢中
・ デートよりドラマが楽しみ

・ スキンシップが減った
・ 身だしなみに気を遣わなくなった

・ 連絡の返事が遅くなった
・ 相手の嫌なところばかりが目につく

・ お互いの1日に関心を持たなくなった
・ 一緒にいるだけでイライラする

 

カップルが倦怠期に突入するタイミングは様々ですが、特に多いのは付き合って3ヶ月~1年と言われています。

 

 刺激を感じなくなった

 相手に関心がなくなった

 会話が減った

 

いろいろとあるでしょうが、心当たりのある方は今一度、自分たちの関係についてしっかり考えてみてください。

 

 

男性が「倦怠期」に考えていること

①  一緒にいて何をしても楽しくない

  彼女の言動がイヤ

 ひとりの時間がほしい

④  余暇を彼女以外と過ごしたい

⑤  しばらく距離を置きたい

 

でも、なんだかんだ思っても、最終的には彼女のことが気になるようです。

 

 

「倦怠期」をうまく乗り越える方法

倦怠期は、お互いに言えない気持ちを抱えながら過ごすもどかしい時期…とも言えるでしょう。そんな倦怠期を少しでもラクに乗り越えるためには、以下の方法が有効です。

 

《第一段階》

・ 2人の時間を減らす
・ 好きになったキッカケを思い出してみる

 

《第二段階》

・ 初デートの場所に行く
・ 2人で新しいことを体験する(趣味、旅行など)
・ 感謝の気持ちを積極的に口にする

 

 

長く付き合っているカップルは、いろんなことが “当たり前” になって、2人の時間がどうしてもマンネリ化しがちです。「倦怠期になっている」と感じたら、一度初心にかえって「好き」&「ありがとう」の気持ちを積極的に発してみてください。

 

 

「倦怠期」にしてはいけないこと

逆に、

 

 他の異性と遊びに行く

 相手を責める

 昔の恋人の話をする

 「嫌いになった?」と聞く

 距離を置き過ぎる

 

といった言動はNGです。

 

 

カップルの未来は倦怠期で決まる!

誰にだって必ず「倦怠期」は訪れます。イライラしたり、不安になったり、モヤモヤしたり……そんな時、「これは倦怠期なんだ」と冷静に考えることができれば、乗り越えた後に強固な信頼関係へと変わっていることでしょう。

だからこそ、倦怠期の過ごし方はとっても大事!

 

少しだけ頭を冷やした後は、「夜景スポットや思い出の場所」に出かけたり、「お泊まり旅行」をしたり、「体験型レジャー」に参加してみたり、「新しい服」を買ってみたり・・・
そうすることで、マンネリは解消されます。いつもと同じ「相手との時間」の中にも常に新鮮さを保つ努力をすることこそが、最大のマンネリ対策と言えるでしょう。

ちょっとの努力と創造力を駆使して、再び恋の炎を燃え上がらせてくださいね。そして、日頃からお互いの気持ちを言葉にして、たくさんコミュニケーションをとっておくことも大事です。

 

倦怠期を2人でうまく乗り越えることができれば、将来はもっと素敵な関係になっていること間違いなし、です! 

 

関連記事:

最終更新日:2019/01/03