知的・発達障害者たちとその家族の苦悩と本音

 

世の中には (おそらくあなたが思っている以上に) 悩み苦しんでいる方々が多く存在しています。病気・後遺症・ストレス・人間関係・障害…などなど。そのうちの一つが発達障害です。心療内科などに通いながら、社会復帰を目指して頑張っている方も少なくありません。

小さい頃から「あなたは何でできないのっ?」と親や先生たちに叱られ、クラスメイトからはイジメられて育ってきた方もけっして少なくはありません。時に、殴られ、蹴られ、罵倒されて育ちました。「出来損ないを産んでしまった」と自己嫌悪に陥る親もいることでしょう。

でもやはり、一番つらいのは本人です。「普通のことを普通にできない」「適切なコミュニケーションをとることができない」「バイトをしてもすぐクビになる」…自分はなぜこんな風に生まれてきてしまったんだろう?

 

働ける場所がほしい!

人一倍ミスが多いけど、知能は高いので手帳も年金ももらえない…という方もいらっしゃいます。「自分は何のために生きてるんだろう?」「国や家族、会社の厄介者のような気がする」…「生活は苦しく、病院に行けない」「頑張れと言うけれど、障害は努力でどうなるものでもない」「努力で良くなるなんて、よくなる要素を持ってる人だけの特権だ」「せめて、人生が楽しくなるだけの仕事に就きたい」

Aさんは軽度の知的障害と適応障害を持っています。身体的に脊柱側湾症という病気も持ってます。外見上は普通の人で、「普通に働けるよね?」とか「障害に甘えて怠けてるだけじゃないの?」などと言われ続けてきました。私は普通学級でしたが高校は中退ですし、小学生の頃から算数は苦手で、側湾症のせいもあって中学ではイジメられ、不登校になっていきました。

 

高校中退後、18歳で結婚&出産するも結局5年くらいで離婚。自分の症状で精一杯で、ろくに育児もできていなかったように思えます。そんな私には「仕事」もありません。今でも、実家の親の助けを借りて面倒みてもらっています。そんな自分は、母親になる資格などないのに子供を産んでしまったという後ろめたさがあります。せめて子供に不自由させないようにと仕事を探してはいるのですが、こんな私にろくな仕事などありません。

「金銭管理は下手」「公共手続きなどは苦手」で、働いてもすぐにやめてしまう羽目になってしまいます。ミスで人に怒られ、性的被害に遭い、心許せる友達もいない。知的障害&発達障害者にとって、社会は本当に厳しいなと痛感しています。私のことを本気で理解してくれる男性が現れて結婚してくれたらとも思うのですが、おそらく無理でしょう。

であればせめて、「働ける場所」がほしいんです。このままではおそらく、生活保護を受けて虚しい人生を歩んでいくことになるのでしょう。人の助けがないと生きていけないのです。そういう道しかない障害者に、もっと理解のある社会になればいいなと考えています。

 

 

母親としての苦悩

私は知的障害の子供を育てている母親です。子供が3人いて、長女 (20歳) と長男 (17歳) は中度の知的障害と自閉症を合併しています。次男 (15歳) は普通のように見えますが、何らかの発達障害を抱えている可能性は否定できません。幼い頃から「何か変だな」と思いながらずっと育ててきました。上の2人は、今は作業所に通えるようになりました。

ちなみに私は、子供たちのこともあってか「うつ病」と診断されました。いえ、正確には私自身、その後の検査で軽度の知的障害ということがわかったのです。診断されるまでまったくわかっていなかったのですが、なんとなく腑に落ちてホッとした部分もあります。だって、私は今まで何を頑張ってもダメなことばかりだったのですから。

 

今になって思うと、「障害があったからうまくいかないことばかりだったんだ」とわかることばかり。誰にも理解してもらえず、辛くて悲しい子供時代を過ごしてきました。みんなから叱られてばかりの子供時代で、結婚して子供たちが生まれてからも「躾が悪い」と叱られてばかりでした。私は子供のことを思い、支援学校に通わせることに決めました。今は楽しく通っています。まだまだ大変ですが、いつの日か、知的障害や発達障害のことをたくさんの方に知ってもらえるように何か活動できたらいいなと思っています。

私たちのように辛く悲しい思いをする親子がいなくなることを、心から願っています。軽度or中度の知的・発達障害で身体に問題がない場合はなかなか理解されにくいものですが、まずは知ってもらうことこそが第一歩になると信じています。支援の輪が広がっていってくれるといいですね。

 

 

姉が障害者かもしれません

姉が障害者かもしれません。小さい頃から勉強ができず、人と関われない暴力的な人で、ずっとそういう人なんだと思ってきましたが、様々な情報からどうやら「障害者なのかも」と思うようになったのです。姉は小さい頃、ちょっと知恵遅れのような感じでしたが人との関わりがもてず、イジメに遭って学校や仕事で苦労するような人でした。

コミュニケーション能力は著しく低く、相手の気持ちが全くわからないので常に人を怒らせてばかり。そんな彼女は現在30代なのですが、いまだに筋道を立てて物事を説明することも、その場の空気を読むこともできません。仕事が続かず、お金を騙し取られるような人生ばかり送っている姉に、なんとか障害者手帳を取得して楽に生きてほしいのですが、何とかならないものでしょうか。

 

 

つらい人生ですが…

私は子育て真っ最中の軽度知的障害者です。生活保護を受給しながら、必死に「誤解」「差別」「貧困」「無視」「暴言」と戦いながら生きています。そんな私は実の母親から「幼児虐待」「育児放棄」を疑われ、児童相談所に子供を「緊急一時保護」されてしまったこともあります。しばらくの間ずっと虐待や育児放棄を疑われていましたが、最近やっと信用されるようになりました。毎日親としての、失敗が許されない試験を受けているような日々でした。

「負けたくない」という意地。母親としてのプライドでなんとか生活しています。親族からは「変だ」「関わりたくない」などと言われ嫌われていますが、私は独りぼっちではありません。支えて応援してくれる人もいます。馬鹿にされてばかりの人生ではありますが、私は最後まで絶対に諦めません。頑張って笑顔で子育てしていきます。命ある限り、色々な人の話を聞いて毎日沢山の事を学びながら生きていきたいと思います 。

 

 

私の周りの変な人たち

私の周りには知的障害者が多いと思います。祖父母、母親、友達…本当に多いです。会話が全く噛み合わず、私の言っていることがうまく理解できないみたいで困ってしまいます。正直、疲れます。おまけに、おかしな事を言うことがあります。多分、普通の人より知能が遅れているからなのでしょうが、一緒にいるのがしんどいです。最近は、世話をしているという感じです。皆、大丈夫かなぁという思いで一杯です。

 

 

ちょっとかわいそうな学友

私の友達は知的障害者です。彼女は小5の時に転校してきて、最初はみんな優しく接していたのですが、近頃では「口をきくのも嫌」といった感じになってしまっています。かくいう私も、彼女の「変な行動」「意味不明な発言」に戸惑っています。たとえば「グラウンド」を
「グランド」としか認識できていません。何度も違うと教えるのですが、どうしても理解できないようです。誰か、こういう子の対応法を教えてください。

 

 

施設での暮らしを迫られ…

私は40代の中度知的障害者です。昨年、大人の発達障害と診断され、現在は療育手帳を交付してもらっています。その手帳には第2種知的障害と書かれています。地下鉄や市バスの無料乗車カードも交付されています。そんな私はケースワーカーにグループホームでの生活を勧められており、とっても悩んでいます。

 

 

絶望的人生

私は軽度の知的障害者です。学校だけでなく、社会人になってからも職場でイジメに遭い、毎日泣いて過ごしています。男性にはセクハラを受け、それを拒めず。中絶をしたからか、なんだかんだで私は子供が産めない体にされてしまいました。もう二度と恋愛もできません。こんな社会で本当にいいと思いますか。

 

 

妹は知的障害

妹は軽度の知的障害を持っています。診断を受けたのは20代後半になってからでした。きっかけはうつ病です。精神科に行って相談し、過去の話をしたところ、知的障害からくる二次障害だと言われました。確かに、昔から学校の成績は悪く、できない子として扱われていました。穏やかな性格で、素直でとっても良い子だったのですが、中学校ではイジメを受けて不登校、高校は中退してしまいました。そこからが大変。

度重なる性交渉の末、妊娠&中絶を何度も繰り返しています。その後20歳になって、できちゃった結婚をし2人の子どもが生まれました。幸せになってくれればよかったのですが、夫からは暴力を受け、結局離婚。実家に戻ってきて、今は両親と一緒に暮らしています。今になって思うのですが、うちの場合は母親と祖母も知的障害ではないかと思います。3人ともすがた、行動がそっくりなのです。

本人は、誰にも理解されず自信もなく、とても辛かったと思います。パッと見はまったくわかりません。せめて早期発見で対応できていれば、少しは楽だったのではないかなとも思います。今は2人の子どもが心配です。行政も、結局のところ細かいケアはしてくれません。守ってあげられるのは身内。しかしながら母も祖母も、人の気持ちや痛みに全く共感できません。対処能力がなく、
物事を論理的に考える事ができていない一族。まるで子供があてずっぽうにやっているような所があります。

 

 

関連記事: