糖尿病網膜症の原因・症状・治療法 【まとめ】

 

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、日本では成人の失明原因の第1位となっています。糖尿病にかかると、目の網膜にある血管は障害を受けやすく、血管が詰まったり出血したりするようになります。

(網膜は眼底にある薄い神経の膜で、物を見るために重要な役割を担っています)

 

 

網膜には、光や色を感じる神経細胞が敷きつめられており、無数の細かい血管が張り巡らされています。ここに、血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管は少しずつ損傷を受け、変形したり詰まったりするのです。

血管が詰まると網膜の隅々にまで酸素が行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態に陥り、その結果として新しい血管(新生血管)を生やして酸素不足を補おうとします。

 

新生血管はもろいため、容易に出血を起こします。出血すると網膜にかさぶたのような膜(増殖組織)が張ってきて、これが原因で網膜剥離緑内障といった病気を併発し、失明に至ることもあります。

糖尿病網膜症は、糖尿病になってから数年〜10年以上経過して発症するとも言われていますが、かなり進行するまで自覚症状がない場合もありますので、「まだ見えるから大丈夫」という自己判断は危険です。

 

というわけで、糖尿病の方は自覚症状がなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けるようにしましょう。

 

 

 

糖尿病網膜症の症状

 

初期段階では自覚症状は見られません。しかし、目の中の血管の状態をみると、小さな出血など少しずつ異常が現れています。

中期になると、視界がかすむなどの症状が出てきます。このとき、目の中で血管が詰まるなどの障害が起きています。

末期になると、視力低下や飛蚊症が起こり、さらに進むと失明に至ることもあります。目の中で大きな出血が起こる、あるいは網膜剥離や緑内障など、他の病気を併発している場合があります。

 

 

 

糖尿病網膜症の分類

糖尿病網膜症は、進行の程度により大きく三段階に分類することができます。

 

 


①  単純糖尿病網膜症

初期の糖尿病網膜症です。最初に出現する異常は、細い血管の壁が盛り上がってできる血管瘤(毛細血管瘤)や、小さな出血です。蛋白質や脂肪が血管から漏れ出て網膜にシミ(硬性白斑)を形成することもあります。

これらは血糖値のコントロールが良くなれば改善することもあります。この時期には自覚症状はほとんどありません。

 



②  前増殖糖尿病網膜症

中期の状態です。網膜に十分な酸素が行き渡らなくなり、足りなくなった酸素を供給するために新しい血管(新生血管)を作り出す準備を始めます。この時期になるとかすみなどの症状を自覚することが多いのですが、全く自覚症状がないこともあります。

前増殖糖尿病網膜症では、多くの場合網膜光凝固術を行う必要があります。

 


 

③  増殖糖尿病網膜症

重症な段階で、出血量が多いと急な視力低下を自覚したりします。網膜剥離を起こすこともあります。この段階の治療には、手術を必要とすることが多くなりますが、手術がうまくいっても視力が回復しない場合もあります (年齢が若い人ほど進行が早く、注意が必要です)。

 

 

 

糖尿病黄斑症とは

 

上述した①〜③の進行とは別に、網膜の中心にある黄斑の血管に瘤ができたり出血が起き、急激に視力の低下が起きる糖尿病黄斑症があります (糖尿病網膜症の病態の一部分として出現します)。

黄斑とは、光を感じる神経の膜(網膜)の中央にある、物を見るために最も敏感な部分です。この黄斑付近に毛細血管瘤などが出現したり、網膜の一番外側にある色素上皮の働きが悪くなると、血液の成分や脂肪分などが網膜内に染み出てきます。

この結果、黄斑にむくみ(黄斑浮腫)を生じたりすつ場合があるわけなのですが、この状態を糖尿病黄斑症といいます。単純網膜症の段階でも起こることがあり、この場合は早期から (視力低下・物が歪んで見えるなどの) 症状が出現します。

 

 

 

 

糖尿病網膜症の治療

①  血糖コントロール

原因となる糖尿病を改善しないと、網膜症に対してどのような治療を行っても同じ病変が再燃してしまいます。初期の、単純糖尿病網膜症の段階であれば、血糖コントロールをしっかり行うことで網膜症の進行を食い止めることができます。

 


②  網膜光凝固術


 
網膜光凝固術にはレーザーが用いられ、通常は通院で行います。この手術は主に網膜の酸素不足を解消し、新生血管の発生を予防したりすでに出現してしまった新生血管を減らしたりすることを目的に行われます。

正常な網膜の一部を犠牲にすることになりますが、全ての網膜がダメにならないようにするにはやむを得ません (悪化を防ぐための治療で、元に戻すための治療ではありません)。

まれに網膜全体のむくみが軽くなるといったような理由で視力が上がることもありますが、多くの場合、治療後の視力は不変かむしろ低下します。兎にも角にも、将来の失明予防のためには大切な治療法の一つと言えるでしょう。

 



③  硝子体手術


 
レーザー治療で網膜症の進行を予防できなかった場合や、すでに網膜症が進行して網膜剥離や硝子体出血が起こった場合に対して行われる治療です。

眼球に3つの穴をあけて細い手術器具を挿入し、目の中の出血や増殖組織を取り除いたり、剥離した網膜を元に戻したりするものです。顕微鏡下での細かい操作を要し、眼科領域では高度なレベルの手術となります。

 


④  その他

炎症を抑える効果のあるステロイド剤を眼球の周りや眼球内に注射したり、抗VEGF薬を使ったり、循環改善薬などの内服治療や高圧酸素療法などが行われる場合があります。

 

 

 

 

おわりに


 
糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として起きる目の病気です。
予備軍も含めると2,000万人といわれる糖尿病の患者数の多さもあって、糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してからの失明の大きな原因疾患となっています。

というわけで、加齢に伴う定期的な目の検診は大切なのですが、糖尿病と診断されたら眼科での定期検診は不可欠です。

 

「見えるから」「視力が落ちていないから」と油断していると取り返しのつかないことになります。初期の単純糖尿病網膜症の段階を過ぎると、治療しても網膜の状態は元に戻らないことがほとんどです。

現状を維持すること、進行を止めること、再燃を防ぐことが治療の目標になります。また、糖尿病網膜症を進行させる要因として、糖尿病だけでなく脂質異常症高血圧の関与も指摘されています。

これらの生活習慣病全般について、予防に努めることが必要なのです。

 

 
 

関連記事: