健康効果をアップさせる青汁の選び方

 

青汁は、不足しがちな野菜の栄養素を手軽に補うことができる健康アイテムです。多くの方が健康・美容・エイジングケアに活用しています。

 

例えばこんな方にオススメです ↓

 

美容・アンチエイジング効果を期待している方

野菜不足・栄養補給を期待している方

スッキリボディを目指している方

 

 

近頃は、様々な種類の青汁が店頭やネット上で販売されており、非常に身近な健康食品として定着しています。ただし、青汁の効果は多岐にわたるので、より自分の目的にあった効果を得たい場合には、栄養価や成分を見極めることが大切です。

毎日継続的に青汁を飲み続けるために、自分に最適な青汁を見つけることが大事なのです。

 

青汁には、主に『冷凍青汁』と『粉末青汁』があり、ひと昔前までは冷凍青汁の方が野菜の栄養価が失われないと言われていました。しかし現在は製造技術が向上し、粉末青汁でも野菜の栄養を損なわずに非加熱処理で加工できるようになっています。

ただし、粉末タイプの青汁にも、合成添加物が多く含まれているものや、熱処理でビタミンやミネラルの栄養が失われているものもあります。

 

つまり、「価格」「美味しさ」「人気ランキング」といった判断基準だけで安易に選んでしまうと青汁本来の効果が得られない場合もあるのです。「青汁だからなんでもいい」というわけではないのです。

これから購入される方は以下の点に注意して、 (あなたに) 最適な青汁を選んでみてくださいね!

 

 

青汁選び、3つのポイント!

 

①  『安全性』と『栄養価』をチェックしよう!

せっかく青汁を飲むのなら、人工甘味料糖分 (砂糖など)合成添加物など余計なものが含まれていないものを選びましょう。そうすれば、お子さんや妊婦さんでも安心して飲むことができます。

最近の青汁は飲みやすくなったと言われていますが、中には飲みやすさを追求するあまり砂糖や甘味料などをたくさん配合している青汁もあります。

さらに、青汁以外の成分を多く配合し、コスト削減を狙っている商品もあります。

 

 


②  栄養価の高い3大原料が使用されている青汁を選ぼう!

「大麦若葉」「ケール」「明日葉」は、野菜の中でも特に栄養価が高く、「青汁の三大原料」と呼ばれています。この3大原料はビタミンやミネラルの栄養価が高いだけでなく、通常の緑黄色野菜からは摂ることができないスペシャルな栄養素を含んでいるのです。

 

 


③  非加熱処理を選びましょう!

青汁を選ぶときは、栄養が壊れずにそのまま摂ることのできる非加熱処理 (フリーズドライ製法) のものを選ぶとよいでしょう。青汁には高温で製造する加熱処理と熱を加えない非加熱処理の二種類の処理方法があります。

ビタミンB1・ビタミンC・酵素などは熱に弱い栄養素です (ビタミンB1は疲労回復、ビタミンCは美肌や抗酸化作用が期待されています)。せっかく青汁を飲むのに、これらの栄養素が摂取できないなんてもったいない話ですよね!

 

 

 

 

中国産は控えよう!

青汁の中には低価格帯の商品も販売されています。「安いからお得!」と感じるかもしれませんが、特に「中国産」の青汁には健康被害の報告が挙がってきています。

健康になるために青汁を飲んでいるにも関わらず、飲んだことで健康を害してしまえば本末転倒です。そういった意味でも、「青汁を購入する際」には必ず原料をチェックしましょう!

 

 

 

 

症状に適した青汁を選ぼう!

 
青汁を飲む目的は人によって様々です。ダイエット目的の方もいれば、美肌や生活習慣病予防の効果を期待して飲まれる方もいらっしゃいます。

「青汁」は、それぞれの目的にあわせた原料が使用されています。つまり、症状に適した青汁を選ぶことも非常に大切なことなんです。
 

青汁の原料である「大麦若葉」「ケール」「明日葉」はどれも栄養価が高く、美容や健康に良い働きをすることが期待できます。その中でも、効果的な働きをする作用はそれぞれ違いますので、目的に合わせて原料を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

3大原料に期待される効果

 
🔵  大麦若葉

 

 

大麦若葉は苦みが少なく甘味があり、飲みやすい味わいが特徴です。SOD酵素など、強力な抗酸化作用を持つ成分が豊富に含まれています。

 

《 期待できる作用 》
  1. 便秘解消
  2. 腸内環境の改善
  3. 肌荒れ・ニキビの改善
  4. 細胞の健康を維持
  5. 骨・歯を健康に!
  6. 冷え性の改善
  7. 新陳代謝の促進

 

美容生活習慣病ダイエット

 

 


 

🔵  明日葉

 

 

明日葉は八丈島などの暖かい地域に自生しています。栄養満点で、食物繊維やミネラル、ビタミンなど、様々な栄養素を含有しています。スッキリ成分として注目されているクマリンやカルコンなどが含まれているのも魅力の一つです。

 

《 期待できる作用 》
  1. ダイエット
  2. セルライト対策
  3. むくみのケア
  4. 骨粗鬆症対策
  5. 免疫力アップ
  6. 認知症予防
  7. 生活習慣病 (高血圧・糖尿病・動脈硬化) の予防

 

美容生活習慣病ダイエット

 

 


🔵  ケール

 

 

ブロッコリーやキャベツの仲間で、苦みやクセが強いのが特徴です。栄養価は優秀で、「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれています。

 

《 期待できる作用 》
  1. コレステロール対策
  2. 血糖値対策
  3. 生活習慣病の予防
  4. 目の健康維持
  5. 肌・粘膜を健康に!
  6. アンチエイジング
  7. 睡眠の質を高める
  8. ストレス緩和
  9. 抗がん作用が高い

 

美容生活習慣病ダイエット

 

 

 

 

 

まとめ ☆

青汁は薬ではありません。なので、飲めばすぐに効果が出る…というものではありません。飲み続けることによって効果が感じられるものなのです。たとえば肌の細胞は約28日周期で生まれ変わります。一番時間がかかる骨の細胞は約90日周期で生まれ変わります。

人の体はたくさんの細胞によってできています。効果を実感するのは古い細胞が新しい細胞に生まれ変わった時。つまり、美肌効果を実感するのは最低でも28日必要だということです。

 

「あまり効果を感じられないなぁ」と簡単にやめてしまわずに、まずは1か月続けて飲んでみることをおすすめします。青汁は毎日続けるからこそ効果が出るのであって三日坊主ではなんの意味もありません。

 

最後に、

 

 農薬や化学肥料などを含めた原材料についてチェックし

 GMP認定などの基準をクリアした工場で製造されている製品を選ぶことができれば理想的です。

◉  可能であれば、公式サイトなどで産地の確認も行いましょう!

 

 
 

関連記事: