健康長寿・黒柳徹子さんの充実人生

 

人気長寿テレビ番組「徹子の部屋」で連日お茶の間に元気なお姿を見せてくれているタレントの黒柳徹子さんですが、近年囁かれている体調不良説があるのをご存知でしょうか?

1933年8月9日生まれの徹子さん。長年にわたり第一線で活躍し続けていますが、いくら元気で鉄人だといってもけっして若くはありません。笑顔の裏で、様々な不調を抱えていらっしゃるはず。

 

 

 2015年の紅白歌合戦 

2015年の大晦日、32年ぶりにNHK紅白歌合戦の司会を務めた徹子さん。しかし、リハーサル直前には車いすで移動する様子が一部週刊誌に報じられ、本番でも滑舌の怪しい箇所が目立つなど、体調が不安視されていました。そんな緊張感は現場スタッフの間にも伝わっていたようです。

ネット上でも、「綾瀬はるか以上に徹子さんが心配。大丈夫なの?」といった声が。。。

 

29日のリハーサル中に開催された司会者会見では、V6の井ノ原快彦に支えられるようにして会見場入りしたことで、関係者たちをヒヤヒヤさせていたようです。

当時はきっとどこか調子が悪かったはずなのですが、それでも無事に大役を果たされたこと、本当に立派なプロ根性だと思います。

 

2017年の紅白歌合戦にもスペシャルゲストとして出演した黒柳さん

 

 

 

 トットちゃん広場の竣工式にて 

2016年夏、長野県北安曇郡松川村に「トットちゃん広場」が完成し、徹子さんはその竣工式と名誉村民賞授与のため訪問しました。ところが、登場した彼女の姿を見た村民からは驚きの声が上がったそうです。

「まるで肉襦袢を着ているようだ‥‥」

 

「トットちゃん広場」は大ベストセラーとなった黒柳さんの自伝的小説「窓ぎわのトットちゃん」に登場する「電車の教室」を再現したもの。それは安曇野の地、安曇野ちひろ公園内にオープンしたのです。

しかしながら、せっかくのおめでたい日なのに関係者は朝からピリピリムード (徹子さんの体調、大丈夫かなぁ?)…それでも、そんな周囲の心配をよそに、(徹子さんが) 子供時代に学んだトモエ学園の『電車の教室』で座ったままでの撮影が行われます。

 

歩く姿の撮影は許可されず、1人では足元もおぼつかない様子だったといいます。終始、スタッフにつかまりながら歩いていた徹子さん。とにかく、下半身が膨らみ激太りしている様子で、村民からは『あれ? マツコ・デラックスが来たのかと思った』という声も出るほど。

この時、黒柳さんの身に何があったのでしょうか?

 

 

2012年に足の腱を痛め、数カ月後にはタクシー乗車中に追突事故に巻き込まれ…愛車のプリウスを運転することもできなくなり、しばらくは車椅子生活を余儀なくされていたようです。

高齢者の場合、骨折をきっかけに寝たきりになるケースもあります。黒柳さん本人もそれは気にしていて、日頃から故ジャイアント馬場さん直伝のスクワットを日課にしていたようですが、足を痛めて以来それはできなくなっているようです。本当に大丈夫なのでしょうか?

 

「下半身激太り」についてはこう推測されています。

黒柳さんはお酒を一滴も飲まない代わりに肉が大好きで、今でも週に数回は焼き肉店を訪れているそうです。体を動かせないストレスが食欲に火をつけ、体重増加に繋がったのかもしれませんね。

 

 

 

 悲しみが与えるダメージ 

2016年7月、黒柳さんにとって悲しい別れが相次ぎました。旧友、永六輔さんと大橋巨泉さんの死です。特に永さんとは『2人で長生きして、同じタイミングで逝きたいね』と話すほど仲がよかったそうです。悲しみが深いことは間違いありません。

その後も、多くの友人たちが次から次へと亡くなっていきます。時折涙を溜めている姿を目撃されている黒柳さん。盟友たちとの別れで心のバランスが崩れてしまっているのかもしれません。

 

 

 

 勤労意欲を失った過去もある黒柳さん 

1985年、収入の9割を納税し 「勤労意欲を失う」と発言した過去もある黒柳さん。

ちなみに、「窓際のトットちゃん」の印税は黒柳さんが設立した社会福祉法人トット基金に全額寄付しているそうなので、黒柳さんがいかに稼ぎ、高額納税者となり、日本国に高い貢献を誇っているのかがわかります。

 

「勤労意欲を失う」発言をした当時、黒柳さんは「1時間番組で何分か話したらあとは全部税金。原稿用紙400字詰めの2行書いたら、あとの18行は全部税金になる」と不満を述べていらっしゃいました。

確かに、9割も税金で持っていかれたら、誰だって勤労意欲を失っちゃいますよねー。

 

幸い、2年後の1987年には最高所得税率が60%に変更され、2015年からは45%に落ちています。よかったですね♡

 

 

 

 田村淳からは「イケメン好きな婆ちゃん」と呼ばれ 

このことは事実でもあり、バラエティ番組におけるリップサービス的な発言でもあるのでしょうが、ロンドンブーツ1号2号の田村淳からは「イケメン好きだなぁ、あの婆ちゃん」とバッサリ切られています (苦笑)

 

 

 

黒柳徹子さんのプロフィール

愛称:トットちゃん

生年月日:1933年8月9日

血液型:A型

出身:東京府東京市赤坂
(現:東京都港区乃木坂)

活動:1953年〜

活動内容:声優、女優、司会者、タレント、エッセイスト、ユニセフ親善大使

 

 

幼少期、注意欠陥・多動性障害・学習障害と推測される問題児であったため、公立小学校を1年生時代に退学させられ、トモエ学園1年生に転校。第二次世界大戦中は青森県三戸郡南部町に疎開していました。

 

 

 

 

 

 

黒柳さんはNHK入局後、テレビ女優第一号として活躍されていました。現在でも通用する美形ですね。

 

アラン・ドロンに求愛される?黒柳さん

 

 

 

 

 

 黒柳徹子さんの家族構成 

父はヴァイオリニストの黒柳守綱さん、母は声楽家でエッセイストの黒柳朝さん。弟はヴァイオリニストの黒柳紀明さん、妹はバレリーナでエッセイストの黒柳眞理さんです。伯父には日本ニュースのニューヨーク支社長やアメリカ・メトロニュースの極東代表を務めた田口修治さんがいます。

 

(他にも弟がもう一人いて、覚せい剤で逮捕されたことがある、なんて噂もあったりしますが、信憑性はありません)

NHKに入局したのは父親の影響があるのでしょうか。エッセイストや声優としてのキャリアは母親ゆずりなのでしょうね。キャリアの長さもさることながら、多才ですねー。

 

 

関連記事: