格安スマホに向いている人いない人

 

「月額料金がかなり安くなる」「目的に合わせてプランを選べる」「2年縛りがない」「SIMのみの契約が手軽にできる」などのメリットから、格安スマホに乗り換えようと考えている方も少なくないようです。

そこで今回は、どんな人が格安スマホに向いているのかを考えてみたいと思います。

 

 

格安スマホに向いている人

①  とにかく安くスマホを持ちたい方
契約プランが同条件の場合、平均して三大キャリアの半額程度の月額料金となります。

 


②  データ使用量が月に3GB以下の方
スマホの利用目的がメールとLINE、ちょっとしたネットの閲覧程度であれば、1カ月で3GBにも満たないでしょう。ある調査では、月に3GBしか利用していない人は90%もいるそうです。

 


③  通話時間が短い方
三大キャリアで定番の「かけ放題プラン」をつける必要がないので、大幅にコストダウンさせることができます。格安スマホの種類によっては、1日何回でも10分以内の通話であれば無料といったものもあります。

 


④  自分に最適な料金プランで利用したい方
スマホの利用方法は人によって様々です。格安スマホでは、ユーザーの使い方に合わせて細かく料金プランが選べるようになっています。なので、データ容量が不足したり多く余るといった無駄を減らすことができます。

「今月はあまり使わなかったけれど来月は旅行に行くのでたくさん使いそう」といった場合でも、その月々にあった利用プランを選択することが可能です。一方大手キャリアでは、料金プランの選択肢が少なく変更するのにも手間がかかります。

 

 

 

 

格安スマホに向いていない人

①  長電話が多い方
スマホのヘビーユーザーには、三大キャリアの「電話かけ放題」「パケット使い放題」プランの方がお得です。なので、長電話中心の方の場合、格安スマホは逆に高くついてしまうと言えるでしょう。

ただし、電話に関して「LINEやSkypeで代用できる」という方は格安スマホに乗り換えても大丈夫でしょう。

 


②  設定などを自分でするのが苦手な方
格安スマホは通常のスマホと比べると自分で設定する場面がいくつか出てきます。説明書もありますしそんなに難しいわけではないのですが、それでも「機械いじりが苦手」という意識の強い方には少しだけハードルが高くなりそうです。

ただし、実店舗の多い格安スマホであれば気軽に相談できます。

 


③  キャリア決済を利用している方
キャリア決済とは、スマホ上で物やサービスを購入した際、携帯料金とまとめて決済ができるサービスのこと。格安スマホでは基本的にこのキャリア決済ができません。何かを購入する都度ごとにコンビニ支払いなどで決済を済ませる必要が出てきます。

ただし、Y!mobileならソフトバンクのキャリア決済が利用できます。

 

 

 

 

まとめ

以上のほかにも「格安スマホ」の向き不向きはあるかとは思いますが、基本的にはスマホのヘビーユーザーではなく料金を安く抑えたい方にはおすすめです。

さらに、一見「格安スマホ」に向いていないような方であっても、利用状況を見直すことで格安スマホに合った生活を送ることができるのではないでしょうか。

 

現在、一番よく選ばれている「格安スマホ」のプランは音声通話+データ容量3GBプラン

例えば、今まで普通のスマホで毎月1万円ほど払っていたような方が「格安スマホ」のこのプランに変更することで、月々数千円の出費を抑えることができます。

 

浮いた分を、「海外旅行」や「結婚資金」「飲食代」「洋服代」「習い事代」などに充ててみてはいかがでしょうか。

ちなみに、現在契約しているキャリアと使用回線が同じなら、使用中のスマホをそのまま使うことができるので新しいスマホを購入する必要がなくさらにお得です!

 

 
 

関連記事: