小泉今日子はアンチエイジングに反対!女優やモデルでなくても自然に美しく歳を重ねる方法

 

人はこの世に生まれ、そして死んでいきます。では、アンチエイジングとはいったい何なのでしょうか?

 

抗老化…

抗加齢…

 

人は歳を重ねるにつれ、必然的に老いていくものです。内臓の機能は衰え、肌はシワシワとなり、頭髪は抜け落ち、若々しさはどんどんと失われていくのです。

 

この自然の摂理に対して「ノー!」を突きつけることがアンチエイジングなわけなのですが、女優でタレントの小泉今日子さんは

「アンチエイジングって言葉が大嫌い!」と言い放っていくれました!

 

ある女性誌の対談で、こうハッキリと時流に反旗を翻した人気女優の小泉今日子さん(50歳)。かっこいいですね!

 

近年、テレビでは若づくりの「美魔女」がもてはやされたりしているのですが、やはり、人は年相応に自然体でいるのが一番美しいと思うんです。

 

そこで今回は、

アンチエイジングに「アンチ」を訴えた記事にしてみました。賛同していただける方は是非最後まで読んでみてください。

 

 

 

「アンチエイジング」に疑問を投げかける小泉今日子さん

小泉今日子はアンチエイジングに反対!女優やモデルでなくても自然に美しく歳を重ねる方法

 
まず、キョンキョン (小泉今日子さんのこと) がアンチエイジングに反旗を翻したきっかけは、社会学者の上野千鶴子さんが「アンチエイジングって言葉が嫌いなんです」と切り出したことに始まります。

 

これに対してキョンキョンも

「私もです。ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから『かわいい』って言われる中に『若い!』という声が入ってくるようになって。これ違くない?喜んじゃいけないんじゃない?って」

 

現代社会において、特に日本では実年齢より若く見えることを尊ぶ「美魔女」現象なるものが起こっていますが、この異常とも思える世の中の風潮に対して「待った!」をかけた形の上野さんと小泉さん。

 

いや〜、素晴らしいです!

見事、女性の年の重ね方に一石を投じてくれました。

 

 

 

人間、年相応が一番!

人間、「年相応」が一番だと思うんです。アンチエイジングを強いる社会であってはならないと思うんです。女性の価値は「若さ」ではありません。

 

「若さがなくなると女の値打ちが減ってしまう…」

そんな考えが蔓延してしまってはいけません。

 

よくネット上では、育児などから復帰した女優の容姿が「劣化」したなどと心ない攻撃が相次いだりしていますが、なぜこんなことが起こってしまうのでしょうか?

アイドルだって、ファンたちと一緒に老いていくもの。年相応に、「中年の星」「老年の星」として元気に活躍していればいいじゃないですか

 

 

とはいえ…

 
 

 

実年齢より若く見られたい女性の心理

アンチエイジング、美魔女でありたい女性の心理

 

「実際の年齢よりも若く見られたい」

「若さを取り戻したい」

 

「いつまでも輝いていたい」

「年をとっても新しいことにチャレンジしたい」

 

といった若さへのこだわりや、年を重ねた今を充実させたい意識はあって然り。当然とも言える考え方でしょう。

 

しかし、

 

『若くなりましょう』ではなく、等身大の美しさを大事にする生き方が一番美しいと思うのです。

 

 

 

海外から広まりつつある「年相応」の美学

今、「年相応」に価値を見い出す動きが海外のモデルや女優たちから広がりつつあります。例えば、大ヒット映画「タイタニック」の主演女優ケイト・ウィンスレットさん(40代)は、化粧品の広告写真でシワの修正を拒否したことが話題となりました。
 

海外セレブの美容と健康方法

 

そして今、日本でも注目されているのは世界最高齢の現役ファッションモデル、ダフネ・セルフさん(88歳)。彼女はギネス世界記録にも認定されている現役のイギリス人モデルです。

セルフさんは「これまで一度も整形手術を受けたことはない」ときっぱり明言していらっしゃいます。そして、「写真は絶対に修正しないで」と口すっぱくお願いしているのだとか。

 

「私の写真は当然完璧ではありません。それでも、若いと思われたりきれいに見られたりするよりも、『自分自身』であることを一番大事にしているのです。」

 

ギネス記録、世界最高齢の現役モデル

 

このセルフさんの発言から、

「年を取るのが楽しみになった」

「元気の種を頂いた」

と同調する動きが活発になってきているのです。

 

日本でも「年相応」の美学が理解されていくといいですねー。

 

 
 

 

女優やモデルでなくても「等身大で楽しく美しく年を重ねる」方法

まず、自分らしく「等身大で美しく年を重ねる」ためには何が必要なのでしょうか?

 

第一に、自分より10歳20歳年上の人で「カッコイイ」と思える人を探すことから始めてみましょう。目標を明確にする、ということですね♡

 

当然のことながら、年を取るスピードは人それぞれ。同い年でも老けて見える人と若く見える人がいますよね。仮にあなたが老けて見えるタイプだったとしても、けっして悲観したり諦めたりしてはいけません。

 

大事なのは気持ちです!

 

白髪やシワなどは、年齢とともに出てきて当然のこと。そのことに自信を持って胸張って生きているか、恥ずかしいと感じ猫背でコソコソするような生き方をするのか。

違いはそこにあると思うのです。

 

 

小泉今日子さんをはじめ、ケイト・ウィンスレットさんやダフネ・セルフさんも、「年相応」が一番と自信を持って生きていらっしゃいますよね。要はその潔い心の持ちようが大事なんです。

 

その上で、少し年上の人の中から「あっ、あの人かっこいい!あんな風になりたいな。」と思える人を見つけ出し、その人のようになれるよう、努力をするのです。

 

人生にはどうしたって目標が必要です。

 

目指すべきは無理して作り出す「美魔女」ではなく、自然体の美ですよ♡

 

 

 

くれぐれも、整形手術などに頼らず、睡眠・食事・運動、そして笑顔いっぱいの人生を歩んでまいりましょう。

大いに笑って人生を謳歌してください。

シワだらけの顔になってもいいじゃありませんかっ ♡

 

 

関連記事: