壊れた炊飯器の賢い「処分」「買い替え」方法は?

 

「炊飯ジャーが壊れました」「本体はまったく問題ないんだけど、内釜が剥がれて使い物になりません」「どうしたらいいですか?」

そんな話をよく聞きます。そこで今回は、炊飯ジャーの賢い買い替え方法についてまとめてみました。「処分」「下取り」「中古」「キャンペーン」「セール」「現品限り」などなど、電化製品を買い換える際には気になるワードです。

 

損しないよう、ベストな方法で処分して、新しい炊飯器をゲットしましょうね ♡

 

 

 

 

処分の仕方:いろいろ

まずはじめに、壊れた炊飯器をどう処分したらいいのか、ここで学びましょう!選択肢は以下の通りです。

 

 

①  お住いの自治体に回収してもらう

自治体によって異なりますが、「不燃ゴミ」(処分費用は無料) か「粗大ゴミ」(有料) のどちらか扱いで回収してくれます。

 

 


 

②  販売業者に下取りしてもらう

 

 

販売業者の下取りは、客が新規に炊飯器を購入するときのサービスのひとつです。古い炊飯器の処分を行うことは、新しい炊飯器の購入を促すことになりますからね。そのため、多くの家電販売店や販売業者では下取りサービスを採用しています。

下取りサービスを利用する場合は、新規購入1台につき1台を処分。多くの場合、数百円から数千円が新規購入費用から値引きとなります。

 

 


 

③  通販業者に下取りしてもらう

通販業者は、一般的に店舗販売と比べて人件費や店舗運営費用を抑えているため、すでに販売価格が安くなっています。そのため、下取りサービスを行っていない場合もあるのですが、たまにキャンペーンで行うこともあります。

 

  なお、ジャパネットたかたなどでは、特定の対象商品であれば「1万円引き」となっているようです

 

 


 

④  リサイクルという形で処分する

貴重な資源を大切に使うという意味でもリサイクルは大切です。ただし、大きな破損や汚れがある場合や故障しているものはリサイクル不可となることが多いです。希望すればすべてリサイクルできるわけではありません。

 

 

 

他にも、

不用品回収業者に託したり、ネットで売ったりする方法もありますが、いずれにしても故障している炊飯器は売れません。手間もかかりますし、売れる状態のものであっても、大した金額では売れません。

なので、筆者のおすすめは ③!

 

ジャパネットなどで「1万円下取り」をしてもらいつつ、新しい商品を購入しましょう!☺️

 

 

 

🔵  炊飯器 スイッチ押さず ご飯待つ

 

🔵  一日も 休みもらえぬ 炊飯器

 

🔵  嫁よりも 働き者の 炊飯ジャー