ヨーロッパ旅行で真剣に考えるべき「海外旅行保険」と「クレジットカード」

 

転んでけがをするかもしれませんし、病気になる可能性だって十分にあります。

 

例えば、海外から (特に東南アジア諸国から) 日本にやって来る外国人旅行者の中には「海外旅行保険」に加入していない方も少なからずいます。

そんな方々の中には、日本で倒れ入院・手術を受け、高額な借金ができてしまった人だっているわけです。

 

 

このように、一生を借金苦で悩まされる憂き目に遭わないためにも、「海外旅行保険」には絶対に加入しておくべきなのはおわかりですよね?そして、もしかして加入しているだけで安心したりしていませんか?

保険の内容・サービスはそれぞれに違いがあります。その補償内容もしっかりチェックしておくべきなのです。

 

 

そこで今回は、クレジットカードに付帯している「キャッシュレス診療」と「ヨーロッパ旅行でどのようなクレジットカードを持っていけばいいのか」について説明したいと思います。

 

 

 

 

海外で病院のお世話になると高額の費用が…

 
まずはじめに覚えておいていただきたいこと、それは、「海外の医療費は日本より高い!」ということです!

 

 

 

例えば、

 

🔴   盲腸手術の治療費を比較してみると、

 

  日本:40万円(4~7日入院)

  アメリカ:162万4,400円~216万5,800円(2日入院)

  フランス:86万500円(2日入院)

 

 

🔴   ベッド代(相部屋)を比較してみると、

 

  日本:1万7,000円

  アメリカ:16万2,400円

  フランス:8万1,200円

 

 

🔴   骨折の治療費は、

 

  日本:1万5,000円

  アメリカ:6万5,000円

◉   フランス:5万300円

 

 

といった感じです。

 

 


 

 

いかがでしょう…

 

 

日本と比べると、欧米諸国の医療費の高さには驚くばかりですよね。特にアメリカの医療費の高さは桁違いで、日本とフランスでは無料の救急車の料金も、アメリカでは基本料金4万1,700円がかかります。

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

「キャッシュレス診療について」

 
「海外旅行保険に加入してるからお金を払う必要はないよね」・・・

いえいえ、必ずしもそうとは限りません!「海外旅行保険」に加入していても、保険の種類によってはまずは自分で治療費を支払わなければならない場合があります。

 

明細書や領収書を大切に保管しておいて、帰国後に保険会社に費用を請求する・・・そんな面倒な手続きをしなくてはならない保険だってあります。となると、例えばアメリカで骨折したり盲腸になったりでもしたら大変ですよね。

あとでお金が戻ってくるとしても、現地では何百万という大金を自腹で支払っておかなければならないかもしれないのです。

 

「カードで支払えばいい」とお思いでしょうが…

 

・ カード払いができる病院ばかりとは限りません

・ カードの限度額以上の医療費だと支払いきれません

・ 現金を引き出そうにも、けがや病気の体では外出もままなりません

 

 

これでは落ち着いて治療もできませんね。そこで、加入者の金銭負担をなくすのが「キャッシュレス診療」というものです。

キャッシュレス診療のサービスを行なっている保険会社の保険であれば、現地であなたが病院に直接お金を支払う必要はなく、すべて保険会社と病院側の間で解決してしまうのです。あなたは治療費のことは全く気にすることなく、治療に専念できるのです。

 

 

 

 

「キャッシュレス診療」の流れ

 
では、けがや病気で「キャッシュレス診療」を受けたいときにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

①   サポートセンターに電話をする
サポートセンターに電話して、事前に診療の予約をしてください。

 
②  キャッシュレス提携医療機関に来院する
診療予約をした提携医療機関に来院

 
③  窓口で保険証券とパスポートを提示

 
④  病院で必要書類に記入

 
⑤  保険会社が病院に治療費を支払う

 

 

他にも、

① ②を必要としない「キャッシュレス診療」に対応している保険もあります。面倒なことが嫌いな方はより利便性の高い保険を選んでくださいね ☆

 

 

 

 

その上で、海外の病院にお世話になるようなことがあっても安心なように、「キャッシュレス診療サービス」に対応している「海外旅行保険」を選んで加入してお出かけください ☆

 

 

※  お持ちのクレジットカードに「海外旅行保険」が付帯している場合は、そのサービス内容をよく確認の上、必要に応じて補償を厚くするために民間の保険にも加入しておきましょう。「キャッシュレス診療サービス」対応のものを選ぶように!

 

 

 

 

 

ヨーロッパ旅行に持っていくクレジットカードはどんなものが良い?

 
海外旅行のときにクレジットカードを持って行くのはもはや常識ですよね。現金を最低限持ち歩けば、あとはすべてクレジットカードで何もかもが清算できてすごく便利です!もちろん、手数料などの無駄も省くことができてお得!

現状、ヨーロッパ旅行を考えると、VISAとマスターの2枚があれば大丈夫でしょう。「3枚持って行きたい」とおっしゃる方は3枚目はJCBでもよいでしょう。

 

 

 

 

海外で頼りになる「キャッシング」☆

 
海外で現金が必要になったとき、頼りになるのはクレジットカードを使った「キャッシング」です。筆者の場合、近年は海外旅行に備えて日本国内や国内外の空港で現地通貨に両替したり、現地の銀行や両替所で日本円 → 現地通貨に両替したりすることはありません。

だって、何の方法も手数料が高すぎて全くお得ではないから。

 

それよりも、クレジットカードの「キャッシング」を利用して、現地の空港や現地通貨をゲットした方が断然お得だし手間もかからないし楽なのです ♡

ほとんどの場合、銀行や両替所で日本円をユーロに替える手数料よりも、「キャッシング」の利率のほうが安くつきます

 

 

そんなわけで、キャッシングはぜひ使えるようにしておくとよいでしょう。

 

便利なクレジット「海外キャッシュ」サービスのメリットと注意点 ☆

 

 

 

関連記事: