日本人の4人に1人が該当する「機能性ディスペプシア」とは?

 

「機能性ディスペプシア?」(機能性胃腸症)・・・あまり聞きなれない言葉ですが、日本人の4人に1人はこれだっ…とも言われています。

では、どのような時にこの疾患を疑うべきなのでしょうか。今回はこの「機能性ディスペプシア」の原因・症状・治療法について簡単にまとめてみました。

 

 

 

 

どのような症状が見られたら「機能性ディスペプシア」を疑って受診すべき?

「機能性ディスペプシア」は、胃に明らかな病態がないのに胃もたれなどの症状がある状態のことをいいます。以前はよく「神経性胃炎」と言われたりしていたものです。

受診しても「気のせい」とか「気持ちの問題」などと言われることがあるかもしれませんね。

 

 

 

《 症状 》

胃もたれ、みぞおちの痛み、満腹感、胃がなんとなくおかしい、ムカムカする、胸焼けがする…

 

ディスペプシアは、みぞおちあたりのこうした様々な症状のことを指します。但し、食べ過ぎなどで一時的に胃もたれがあるといった場合には機能性ディスペプシアとは診断されません。機能性ディスペプシアは慢性的な疾患です。

 

 

 

《 原因 》

どうやら、「几帳面な人」や「周囲によく気を遣う人」に多い傾向があるようです。つまりはストレスが原因ですね。その他にも、ピロリ菌食生活、胃酸なども原因として考えられています。

 

 

《 病態 》

上記のような原因により、胃の運動が低下し「胃が十分に膨らまない」「胃から食べ物がうまく排出されない」ことが病気のメカニズムとして考えられています。

 

 

 

《 診断基準 》
  • 6か月以上前から断続的に症状がある
  • 最近3か月の間に、「食後のもたれ感」「早期飽満感」「心窩部痛」「心窩部灼熱感」の内の1つ以上がある
  • 内視鏡検査をしても胃潰瘍や胃炎などといった症状の原因となる疾患がみられない

 

 

 

 

治療方法は?

 

「機能性ディスペプシア」は、基本的にはほかに原因となる疾患がない際に与えられる病名(診断)です。そのため、胃の不快感などの症状を起こす他の疾患の可能性を否定する必要があります。

そこで、「機能性ディスペプシア」と診断されるためには上部消化管内視鏡検査胃カメラまたは上部消化管造影胃のバリウム検査が行われます。

これらの検査によって胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなど痛みの原因になるような疾患がないことが確認された場合に初めて「機能性ディスペプシア」と診断されるのです。

 

そんな「機能性ディスペプシア」は、診断までの過程がとても長いので大変な病気かと思いがちですが、命に関わるとか癌になりやすいといった心配はありません。

ただし、その不快な症状は本人にしかわからずつらいため、治療が必要になってきます。また、様々な要因が関与していますので、治療方法もいくつか必要になることが多いようです。

 

 


 

<生活習慣の改善>

全ての場合において、まずは生活習慣がチェックされます。その結果、何らかの習慣を見直す必要が出てくることでしょう。暴飲暴食やストレスの原因となる環境、服薬状況などなど。

 

 

<薬>

アコファイド (薬名) は機能性ディスペプシアに対して世界で初めて適応を取得した(効果があると認められた)薬です。主な効果は消化管運動の改善です。

 

他にも、以下のお薬が処方される場合があります。

 

 


 

■ 消化管運動改善薬

ガスモチンプリンぺランなどといった薬のほか、六君子湯などの漢方薬も使われます。

 

■ 酸分泌抑制薬
  • H2 blocker:ガスター、ザンタックなど
  • PPI:パリエット、タケプロン、ネキシウムなど

 

■ 抗不安薬

ストレスが大きな原因となっている場合に効果が得られることがあります。

 

 

 

 

おわりに ☆

上述の治療薬は全員に必ず効果がある…といったものではありません。効果は人によって異なるので、試してみないと分からない…といったこともあります。

診断には内視鏡などの検査が必要ですが、外来を受診するといきなり検査ではなく胃薬などの処方がなされることが多いでしょう。その経過をみて改善するかを検討することもありますし、他の疾患を疑う場合などに検査が行われ、結果として「機能性ディスペプシア」と診断されることもあるようです。

 

「機能性ディスペプシア」は多くの方が抱える現代病です。致命的になることはまずありませんが、胃の不快症状は生活の質を低下させ、場合によっては生活に支障をきたすこともあるでしょう。

重大な疾患を見逃さないためにも、「あれっ、何だか胃の調子がおかしいなー」と感じた場合には受診をすることが重要です。複数の要因が重なっていることも多いので、薬だけに頼るのではなく、生活スタイルの改善やストレスの軽減を図ることが重要なんです。

 

 

 

 

関連記事: