内臓疾患の改善 & ダイエットに効果的な「体幹トレーニング」の正しいやり方

 

世界的なアスリートやモデルさんなどが実践していることで最近話題の「体幹トレーニング」ですが、皆さんはやってみたことありますか?

「体幹トレーニング」の効果は、ランニングで持久力を高めることにつながったり、日頃の姿勢を綺麗に見せる上でも効果大!…といわれています♡

 

そんな「体幹トレーニング」は特別な道具が必要なわけではなく、手軽に始められることもあって今大人気なんですよ〜!

・・・というわけで、今回は「体幹トレーニング」の効果・メリットと、簡単に始められるトレーニング方法を紹介したいと思います♡

 

 

 

 

体幹とは…

まずはじめに「体幹」とは、頭と四肢を除く胴体部分のことをいいます。そして、体を支える土台となる体幹筋には3つの役割があると言われています。

 

  1. 体を支える (立つ、歩く、座るなどの基本動作を支える)
  2. 手足動作のベース (手足を伸ばしたりジャンプしたり…)
  3. ひねり運動の軸に (ゴルフスウィング、ボールを投げる、ダンスなどの軸になる)

 

そして「体幹」には、「動かす」表層筋と「支える」深層筋があり、この2つが連動することで上記3つを含む様々な役割を果たしてくれるんです。

 

 

 

 

「体幹トレーニング」で期待できるメリットは?

期待されるメリットとしては、「姿勢の改善」「腰痛・肩こりの軽減」「内臓疾患の改善」「基礎代謝のアップ」「ダイエット」などなど。

近年、現役プロサッカー選手の長友佑都さんが関連書を出版したりと、何かと話題になっている「体幹トレーニング」ですが、正直言うと、ダイエット効果はそれほど高いわけではありません。

 

「体幹トレーニング」は、確かに体にとって重要な筋肉を鍛えてくれるのですが、トレーニング自体の消費カロリーはそれほど多くはないんです。

 

「消費カロリーは少ない」

つまり、脂肪はそれほど燃焼しないのです。なので、カロリー消費が目的のダイエットとしては「体幹トレーニング」はそれほど効果的とはいえません。

 

ただ、「体幹トレーニング」を行うとインナーマッスルが鍛えられますので、基礎代謝は高くなります。そういった意味で、「体幹トレーニング」を取り入れれば、多少太りにくい体になることは期待できます♡

 

そして、

例えばポッコリお腹の人が「体幹トレーニング」をしっかり続けて行えば、腰回りの筋肉が鍛えられることによって内臓の位置が正常に戻る (ポッコリお腹が改善される)んです。

それだけでなく、内臓のズレによって生じていた便秘や消化不良などの症状も改善されることが期待できます。

 

 

 

 

 

「体幹トレーニング」の効果をよく理解し効率よく行いましょう☆

体幹トレーニングには特別な道具が必要なわけではありません。手軽に自宅で始められます。大きく体を動かすようなトレーニングでもないので、よほど無茶をしない限りは筋肉を痛めてしまったりケガをしたりすることもありません。

鍛えたい場所を絞って、1日に10分程度、それを週に2〜3回行うだけで十分効果が得られます。

 

なので、体そのものを鍛えるといった目的やダイエット目的としては不十分で、これだけでは物足りないものではあります (あまり効果的とはいえません) が、的確な体幹トレーニングを行うことで内臓が正常に働くようになります。

要は、内臓のズレが原因で生じていた様々なトラブルが解消できると考えられているんです!これは大きい効果ですよねっ!

内臓が整えられるわけなのですから (^ ^)

 

 

 

 

 

目的別に鍛える!オススメの体幹トレーニング!

「体幹トレーニングが長続きしない!?」

「効果が出ない!?」

 

それにはわけがあります。計画を立てたメニュー作りが出来ていないからです!目標やゴールがないとトレーニングをしていても楽しくないですし、今やっているトレーニンが正しい強度なのかどうかもわかりませんよね。

正しいトレーニングができていないと、いくらやったとしても期待する効果は得られません。つまり、無駄な時間になってしまうのです。

 

というわけで、

ここでは初心者向けの基礎的なトレーニングを紹介してみましょう!

 

 

① 基礎の基礎

フロントクランチ (ニータッチ) 10回 ✖️ 3セット

 

バックレッグレイズ 15回✖️3セット

 

 

ウエストスクイーズ 20回✖️3セット

 

 


 

② 腹筋と背筋を鍛える

プランク 30秒✖️3セット

 

さらに・・・

強度を上げてここまでできるようになると・・・

プランク足上げ

 

お尻の強度も上げることができます♡

 

 


 

③ 太ももを引き締める

ヒップリフト

 

体幹トレーニングは下半身にも効きます。太ももというのは身体の中でも筋肉が多い部位なので、基礎代謝アップが狙えるでしょう♡

 

 


 

このように、(ここではほんの一例しか紹介していませんが) 「体幹トレーニング」はシンプルなようで何とも奥が深いんです。

 

まずはここで紹介した「基本」を継続して行えるようにしてください。(1週間ほどでも継続できた) その後は、ご自身の目的にあったポーズをネットや本で調べて実践 &継続させていってくださいねっ♡

 

 

 

関連記事: