Y!mobile (ワイモバイル) のメリット・デメリット【まとめ】

 

「毎月のスマホ代を節約したい」と考えたときに候補に挙がってくるであろうY!mobile (格安スマホ) 。今回はこのY!mobileのメリット・デメリットについてまとめてみました。

まずはじめに知っておいていただきたいこと、それはY!mobileはソフトバンク系の格安ブランドだということ。なので、通信回線や通信品質はソフトバンクのまま、凄い格安料金でスマホを利用することができるのです。

 

 一般的に「格安スマホ」「格安SIM」と呼ばれているのは「MVNO」と呼ばれる三大キャリアから回線を借りている事業者のことであり、厳密に言えばY!mobileはMVNOではなく三大キャリア同様MNO (自社の通信回線あり) に該当します。

 

その点はさておき、

この記事が三大キャリア (ドコモ・au・ソフトバンク) からY!mobileへの「乗り換え」を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

 

ソフトバンクとY!mobileは何が違う?

Y!mobileは旧イー・モバイルで、旧ウィルコムの回線を利用してサービスを提供していました。のちにソフトバンクに吸収合併され、現在はソフトバンクのサービスとして存続しています。

 

 

つまり、ソフトバンク株式会社は携帯電話の事業として「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の2つのブランドを持っていることになるわけです。ブランドこそ異なりますが、この2つの会社は同じ回線を使っています。

異なる点としては、Y!mobileは「あまりスマホを使わないライトユーザー向け」「家族向け」のサービスを提供しているということ。スマホなどの種類はそこそこ用意されていますが、最新機種のスマホなどは見かけません。

 

つまり、Y!mobileは「安さ」を追求して

 

 スマホの種類はそこそこ

 サービスの品質もそこそこ

 データ通信容量もそこそこ

 プラン内容はシンプル

 

となっています。

 

 

 

 

Y!mobileのメリット

Y!mobileは、格安ブランドと言っても (自社回線を持っているため) ユーザーに十分なサービスを提供しています。このため、コストパフォーマンスの良さから「スマホ料金満足度No.1」に選ばれています。

家電量販店でも大きく売り場を広げ、週末ともなると駅前などでイベントを行っていることも多い、今勢いに乗っているワイモバイル。筆者の周りでも「ワイモバイルに乗り換えたよ!」という声をだいぶ聞くようになってきました。

 

そんなY!mobileのメリットは以下の通りです ↓

 

 

①   店舗サービスが利用できる

通常の格安スマホ会社 (MVNO) は実店舗をあまり持たないのですが、ワイモバイル・ショップは全国各地にあります。修理はもちろんのこと、困ったときの相談や紛失・盗難のようなトラブルの際にもショップがあれば安心です。

 


 

②  通信速度が速い

一般的に、MVNOが提供している「格安スマホ」(格安SIM) は三大キャリアから回線を借りているため、混雑する時間帯に「通信速度」が遅くなったり「不安定」になったりする、とも言われています。ですがY!mobileならその心配はありません。超快適に通信を行うことが可能です。

 


 

③  通話定額コミコミなのに月額料金が安い

Y!mobileは、通話料 & データ通信量をすべてコミコミでワンキュッパ・1,980円から利用可能!という価格設定にしています。さらに、スマートフォン向けの料金プラン「スマホプラン」は、10分以内の通話であれば何回でも通話料が無料!長電話をしない限りは通話料金がかかりません。

 


 

④  わかりやすいシンプルな料金プラン

S・M・Lの3種類から、毎月使いたいデータ容量を選ぶだけです。今までのケータイ・スマホの料金プランのように、通話のプランを選んで…データ容量のプランを選んで…といった煩わしさがありません。

 


 

⑤  「家族割」がお得

家族全員でワイモバイルを選んだ場合、スマホもPocket Wi-Fiも毎月の月額料金が500円割引になります。さらに「ケータイプラン」の場合、月額料金はなんと無料に!

 


 

⑥  複数台持ちに嬉しい!スマホプランLなら無料でSIMが追加できる

「格安SIM」の登場で、2台目以降を安価に持つことが可能になっていますが、ワイモバイルならわざわざ別の格安SIMを2台目のスマホやタブレットのために用意する必要がありません。

「シェアプラン」を活用すれば、スマホプランS・M・Lで契約中の回線を「親」として、最大3枚までSIMカードを追加することができます。しかも、スマホプランLであれば追加した場合の月額は発生しません。

 

 高速データ通信容量は「親」が契約しているデータ容量をシェアする仕組みになっているため、子回線を増やす場合はそれに応じてプラン変更を行うのがオススメですが、複数の会社に渡って複数の回線を持つよりは確実に便利です。

 

 

 

 

Y!mobileのデメリット

これだけメリットが並んだワイモバイルですが、デメリットが全くないわけではありません。

 

①  2年縛りがある

一般的に「格安スマホ」の縛りは短く数ヶ月〜1年なのですが、ワイモバイルの縛りは三大キャリアと同じく2年。2年毎に自動更新もされるため、更新月以外での解約は契約の解除料が発生します。

 


 

②  データ通信容量に大容量プランがない

格安スマホでも20GB以上の大容量プランが登場する中、ワイモバイルはスマホプランLの7GBが一番大きな容量になっています。最大2年間、データ容量が2倍になっても14GBですし、2年後に14GBを超えるプランがあるかはわかりません。

 

 

 

 

さらにお得に?キャンペーンもチェックしよう

ワイモバイルのお得なキャンペーンの中でも、ぜひ知っておきたいのが「下取り」です。今お持ちのケータイ・スマホを下取りに出した場合、割引を受けることができます。

もちろん、ワイモバイルの契約と同時に下取りに出す必要はありません。後日、データ移行を済ませた後に下取りの受付をしてもらうことも可能ですし、郵送下取りキットを自宅で受け取り、ポストに投函するだけで下取り申し込みをすることもできます。

他にも、タイミングによってはキャッシュバックキャンペーンなど、様々なお得情報が提示されている場合もあります。

 

 

 

 

まとめ ☆

上述した通り、ワイモバイルの月額料金は「10分までの国内通話が何度でも無料」というお得な通話料金設定が設定されていますし、他社の回線を借り受けてサービスを提供する格安SIM各社とは異なり、SoftBankが提供する携帯電話のサービスの中で安価なプランを提供するブランドとして存在していますから、通信速度も高速・安定しているというメリットがあります。

ですから、「長電話はしない」「LINEやメール、SNSが中心で通信速度はあまり気にしない」といった方であればY!mobileも含めた「格安スマホ」への乗り換えも検討して良いのではないでしょうか。

 

 
 

関連記事: