「やる気が湧かない…」そんなYOUは○○で仕事サクサク

「仕事が全然楽しくない」「いつもられてばかりで憂鬱だ」「残業が多く、やってもやっても終わらない」「仕事がなかなか捗らない」

 

「でも、家族を養っていくためにも頑張らなければ!」

 

 

皆さんこんにちは!

ストレス責任感の狭間に苛まれ、日々の生活に疲れ切っていませんか?「頑張らないと!」と思えば思うほどやる気が湧き上がってこない…

そんなことありませんか?

 

実はそんな方、結構増えてきているんですよ。あなただけではないんです。

 

「やる気が湧かなくなってしまう」

原因はいろいろと考えられるのですが、その一つとして「体力の低下」が挙げられます。

 

 

そこで、ここでは「体力を回復し、やる気を取り戻す方法」を紹介してみようと思います。

 

 

 仕事がなかなかはかどらない 

その理由は「いくつ」も見つけることができます。例えば、「暑くてやる気が出ない」「上司に怒られた」「取引先が無理な要求をしてくる」……。

そういった問題が解決すれば、仕事はどんどん進むかもしれません。

 

とはいえ、現実問題としては高温多湿の日本の夏を変えることはできませんし、上司の口を塞ぐこともできません。取引先の心を自分の都合のいいように変えることも不可能です。

 

あ〜あ〜

 

「やる気が湧いてこないよ〜」

 

 

これらの問題を解決し、軽やかにさくさくと仕事を進めるには、「自分が変わる」しかありません。

 

では、「自分」の何をどのように変えていったらいいのでしょうか?

 

 

 体力をつけよう! 

暑くても、誰が何と言おうと、気にせずやり過ごせるだけの体力 (エネルギー) を身につけるのが最初の第一歩です。

 

体力のないところに気力は生まれません!

 

 

やる気の源は○○!これで仕事はサクサク

 

気力を高めたければ、体力をつける必要があります。とはいえ、勘違いをしてはいけませんよ。何もムキムキのマッチョになる必要はないんです。

ビジネスマンにとって必要な体力、「無理せず継続して仕事を続けられるフィジカル」のことを言うのです。この「体力」が身につけば、

 

「目の前の仕事に追われて→残業をして→睡眠不足になって→翌日は全力で仕事ができず→だから残業せざるをえず→家に帰るのが遅くなり」……

という負のスパイラルに陥るリスクは軽減されるかもしれません。

 

 

 運動する習慣を 

 

運動と言っても難しく考えることはありません。いや、ちょっと難しく感じる人がいるかもしれませんねー。

 

「とりあえず1日1万歩歩くこと」

 

ただそれだけなんですが、どうでしょうか?

 

 

ちなみに、1万歩の目安時間としては1時間半〜2時間。内勤仕事でパソコンばかり見ている人であれば是非実行していただきたいのです。

逆に、外回りの営業マンで「私はもっと歩いているよ…」という方は特段1万歩を意識しなくても結構です。

 

こちらを実践しましょう!↓

 

 

 赤身の肉を食べる 

 

やる気、体力の源は赤みのお肉

 

ダイエットに糖尿病、生活習慣病…

最近は、「何かを禁じる」食事法が流行しているようですが、そんな食事は楽しいでしょうか?

 

病気や疾患の関係上、食事制限が必要な方もいることでしょう。無駄な贅肉を落して痩せたい方もいるかもしれませんね。でも、ストレスが蓄積し、体力が落ちてしまっては本末転倒です。
 
私の母などは、「脂肪分の摂取は控えなさい」と三流医師から指摘され、それを信じ込んだばかりにガリガリの瘦せ型体型になってしまい、、、

今では、他の医師から「もっとお肉を食べて体力をつけてください」と言われるような状態になってしまいました。

 

私が思うに、美容・健康を気にしすぎるあまり、逆に「お肉を食べなさすぎ」になってしまっている方が多く見受けられるような気がします。これでは必要な「体力」を蓄えることができません。

 

皆さん!もっとお肉を食べようじゃありませんか!

 

 

 終わりに 

私が知っている有能な経営者の中にベジタリアンの方は一人もいません。あるテレビ番組で紹介されていた100歳超のおばあちゃんも、「健康長寿の秘訣はお肉を食べること」と力強く話しておられました。

 

もちろん、何事も極端はよくないのですが、日本人のお肉の消費量は米国人の半分以下ですから、多くの人はもっともっと食べていいのではないかと思っています。

(あっ、私はお肉業者関係の人間ではありませんからね)

(個人的にはお魚の方が大好きです)

 

運動する ⇨ カロリ消費 ⇨ お肉を食べる ⇨ 体力アップ ⇨ やる気もアップ

 

どうでしょう?
 
体力がなければ、やる気は湧き上がってきにくいものなんです。それだけではありません。「体」を考えることは、自分の「人生」を考えることにもなるのです。

体をないがしろにするということは、人生を放棄したも同じです。さくさく働いて充実した日々を送るためにも、まずは体力をつけてくださいね

関連記事: