【禁煙の効果的な方法】タバコは日本人が思っている以上に有害…という話

いまや、タバコが健康に良くないことは誰だって知っています。タバコの煙に含まれる4,000種類の化学物質や発がん性物質、さらにはニコチンの強い依存性を考えると、恐怖ですらあります。

ただ、近年は朗報があります。2015年度のタバコ販売数量が1833億本と、1996年から約5割も減ったらしいのです。高い税率や公共の場での喫煙禁止などが主な原因のようです。

 

ちなみに、1箱450円の場合その65%は税金なので、「税金を納める」という意味においては喫煙者は大きく貢献してくれているわけなんです。

ただ、1人当たりの年間喫煙本数をみてみると、日本は依然として182カ国中21番目。先進国で日本よりも上位なのは韓国とオーストリアだけなんです。

 
 
 

電子タバコは安全?

2015年度の政府統計によれば、成人男性の喫煙率は3割と、1966年の83%から大幅に低下しています。そして、成人女性の現在の喫煙率は10%ほど。これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは主観の問題ですが、過去と比較してみると随分減ってきているのです。

 

これに比例して、肺がん患者数も減ってきています。65~84歳の男性の肺がんによる死亡率は95~99年に10万人当たり300人ほどだったのですが、00~07年には1割減り、現在はさらに減っているようです。

肺がんによる死亡率は、1996年をピーク時に、今は随分と減っているのです。こうした傾向は先進国に共通の現象となっています。

 

 

こうした傾向は、世界のたばこ販売の8割を握る大手5社 (中国タバコ、フィリップ モリス、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ〈BAT〉、JT、インペリアル・タバコ) には非常に悪い知らせですね。

 

この状況を受け、近年は「普通のタバコほど危険ではない」として、電子たばこの販売に力を入れてきています。ただ、現状はまだ、世界の電子たばこ販売額は通常のたばこ販売額の1%にすぎないのです。

さらには、「電子たばこには常習性があり危険だ」とする指摘すらあるのです。

 

 

 

だからこそ、たばこ大手各社は新興国を中心に、既存のたばこ販売を広げようとしている

世界保健機関 (WHO) の調査によると、現在、世界のたばこの80%は中低所得諸国で売られているそうです。こうした国々では、年間600万人もの人々が、本来ならば避けられる病気で死亡しているのだとか。

JTの場合は利益の半分が国際事業に費やされているらしいのですが、人を殺して生まれた利益で国際事業って、なんだか違う気もしますね。

 

とはいえ、今や喫煙禁止は世界的な潮流です。たばこの年間消費量はここ10年で半減し、肺がんによる死亡者は2割も減ったのです。

それでも、生き残りをかけてタバコ大手各社はタバコを売り続けているわけです。

 

 

日本のたばこ税収は年間2兆円!この数字を見せられると「たばこ税は貴重だなぁ」と感じなくもありませんが、医療費や従業員が早死にすることで失われる税収減などの喫煙関連コストを考えると、マイナスの方が比較にならないほど大きいようです。

このことこそが、本記事のタイトルに掲げた「タバコは日本人が思っている以上に有害」という意味なんです。

 

WHOの推計では、喫煙が日本経済に与えるコストは年間670億ドル (約6.9兆円) にも上るそうで。。。

歯は汚いわ口腔ガンになるわ経済効果がマイナスに作用するわで良いことなしです!

 

 

そういったことまで考えると、

日本の肺がん患者数や経済コストは、まだまだ下げられる余地があるのではないでしょうか。最後に、世界のタバコ事情を簡単にまとめておきますね。

 

 

 

 

世界のタバコ事情

 

日本における喫煙者数は、ピークだった数十年前と比べると半減!今では男性の約3割である1,500万人、女性の約1割である500万人、計2,000万人の日本人が喫煙をしている状態です。これでも半減です!

世界で一番喫煙率が高いのはギリシャで国民の4割ほどがタバコを吸っています。次いで2位がインドネシア、3位がラトビアという結果に!先進国では中国が7位でロシアが8位。そのあとにフランス、スペインなどのヨーロッパ勢が続き、20位に韓国(19.9%)、日本は23位となっています。

 

 

タバコの値段が一番高いのはノルウェーで1箱1,000円ちょっとします。次いでアイルランドが945円、イギリスが750円といったところです。ちなみに喫煙率No.1のギリシャは414円と、日本とほぼ同じ値段で売られています。

・タバコの中に含まれる三大有害物質は① ニコチン (青酸に匹敵するほどの毒性を持つ) ② タール (発がん性物質) ③ 一酸化炭素 (慢性的な酸欠状態のもと) です。

 

 

タバコが誘発する主な病気は、肺がん・口腔がん・食道がん・胃がん・乳がん・子宮がん・心筋梗塞・気管支喘息・2型糖尿病・慢性閉塞性肺疾患 (COPD)・肺気腫・消化器疾患・歯周病・バセドウ病・骨粗鬆症などなど…

・タバコがもたらすデメリットは、「老け顔になる」「寿命が縮まる」「医療費が高くなる」「メタボになりやすい」「女性の妊娠・出産機能に大きなダメージを与える」「男性の精子にもダメージを与える」「早産・流産のリスクも」などなど…

 

 

 

 

数少ない喫煙のメリットとしては、「ストレスを軽減させる」「ボケを防止する」「ある種のガンには予防効果がある」といったことくらいでしょうか。

 

ただ、ニオイがきついですし、デメリットの方が圧倒的に多いので、可能な限り吸わない方が良いでしょう!

1日に1箱吸うと仮定した場合、あなたは1年間に約15万円もの出費をしていることになります。

 

 

 

 

 

禁煙することのメリット☆

禁煙するとどういうメリットがあるのかを具体的に挙げてみたいと思います。

 

・咳・タンがなくなる
・ご飯をおいしく食べられる
・マヒしていた嗅覚が元に戻る
・タバコくさくないので皆に好かれる
・肩こりが解消される

 

 

・睡眠の質が向上する
・日頃のストレスが解消される
・カラオケで声がよく出るようになる
・口臭が気にならなくなる
・肌がキレイになる

 

 

・無駄な出費がなくなる
・禁煙に成功したことで自信が持てるようになる
・病気に対する危険因子が減る
・生活習慣が改善する
・子供や奥さんが長生きできる

 

 

 

いかがですか? ざっと挙げただけでもこんなにメリットがあるんですよっ!

 

そろそろ本気を出さないといけませんね!😃

 

 

関連記事: