「幸福」であるために必要な瞑想と○○の除去!

 

「人生の目的は幸福心の平安を得ること」

私たちは、「自分の人生を生きているんだ」という実感がなければ豊かな人生を送ることはできません。では、そうあるためにはどうしたらいいのか?

それを以下にまとめてみました。

 

幸福心の平安を手に入れるための参考にもなるかと思いますので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

 

 

◉ ストレスは未来への不安と過去の後悔からやってきます

 

そこで…

 
 
 
 

「マインドフルネス」習慣で幸福度をアップさせましょう☆

マインドフルネス (精神集中) は世界的なブームともなっていますが、それほどまでに、社会はストレスで溢れかえっています。瞑想を行い、自己の内面を静かに観察し、「今ここ」に集中することが必要な時代なのです。

ストレスマネジメントの観点で言えば、未来や過去に意識を向けるよりも、「今この瞬間」に浸る方がいいのです。それは「雑念がない」状態とも言えるでしょう。

 

 

座禅や瞑想で呼吸に集中していると、それ以外のことが頭から徐々に消えていきます。そこには静寂があり、豊かな心が広がってきます。禅や瞑想が昔から存在し人々に引き継がれてきたのは、本質的な意味がそこに存在するからに他なりません。

「幸福」「心の平安」を得るために、まずは「今この瞬間」に集中しましょう!

 

瞑想、座禅、ヨガのほか、家族や友人との談笑など。何でもいいんです。それをしていて「心地よく感じるもの」「好きなもの」に没頭してみるのです

 

 

 

ワクワクする時間を長く持とう♡

「今この瞬間」に没頭することは、癒しやストレス解消だけが目的ではありません。幸福を得るためにも重要なことなのです。

例えば、子供の頃、プラモデルを作ったりパズルをしたりして一心不乱になって没入した経験を思い出してみてください。大人になってからでも、時を忘れるほど夢中になれることがあるはずです。

 

 

そうした時間を1日の中でどれくらい持てているかで人生の幸福感が変わってくるのではないでしょうか。

私自身のことをお話しすれば、ブログを書いたり、音楽を聴いたり、映画を観たりしている時は100%の純度で没頭しています。それらは完全な「自分の時間」。「至福の時間」なのです♡

 

・読書

・ジョギング

・おしゃべり

・趣味のゴルフ

・旅行

 

などなど……。

 

大切なことは、これらの「大好きな活動」をできるだけ長い時間持つことで、幸福感を深め高めていくことなのです。

 

 
 
 
脳のメモリをやたらと食う「雑念」を吐き出そう☆
「脳のメモリ」は不安と心配ごとでいっぱい…

 

これではHappyになれませんねー

 

「毎日が忙しすぎる」
「やりたいことが全然できていない」
「自分の時間が取れていない」
「心配ごと、不安が錯綜している」
「頭の中がごちゃごちゃしている」
「やることが山積み」

 

 

現代人である皆さんは、おそらく脳が思考を制御しきれていない状態に陥っているのではないでしょうか。パソコンで言えば、メモリがいっぱいで処理が遅くなっているのに似ています。

では、ごちゃごちゃしている感情や思考。。。これらを整理するためにはどうしたらいいでしょうか?

 
 

それは…

 

「紙の上に吐き出す」ことです。

 

 

 

  1. やるべきこと
  2. やりたいこと
  3. 不安なこと

 

以上3つのリストを書き出してみましょう。これをやると、頭の中のごちゃごちゃがスッキリします

 

 

毎日23時まで残業をして、会社と自宅の往復をする毎日。やろうと決めたジョギングはできず、趣味に没頭する時間も余裕もない。仕事でもやるべきことが大量にありすぎて、朝から深夜までアップアップし続けています。

そんな毎日が続き、「不安」や「心配ごと」「やるべきこと」は増えていくばかり。。。

 

 

こうして煮詰まったものを、思いっきり紙の上に吐き出してみましょう!
 

 

 

 

関連記事: