幸せになる方法!それは「旅」と「人助け」をすること

 

アドラーの心理学では、「人間の幸福条件」として「共同体感覚」が大事だと考えられています。「一人ひとりが自分らしく、しかもお互いが協力し合える関係」。

それはつまり、ヨコの関係として付き合える状態、人が人を支配しない関係とでも申しましょうか。大人と子供であっても、女性と男性であっても、国籍が違っても、です。

 

次の3つの条件を満たせば「共同体感覚」があると言えるようです。

 

  1. 自分が好きと思える状態にあること
  2. 自分だけでなく、他人も好きと思える状態にあること
  3. 自分が社会の役に立っているという感覚があること

 

 

 

以上のことを踏まえて、

 

私たちが日常的に使っている「お金の使い方ひとつで幸福度が変わる」としたらあなたはどうしますか?

 

通常、私たちは幸せになるために物を買います。サービスを買います。しかし、それらの買い物で得られる幸せは長続きしないのです。最近の研究では、「物質的なものにお金を使うよりも経験にお金を使う」方が幸福度はずっと高まることがわかりました。

 

 

 

経験をお金で買うということ

あなたのこれまでの人生は、「買い物」 >  「旅行」ではありませんでしたか?

 

 

買い物であれ旅であれ、お金は必ずかかります。どうせ同じお金を使うのではれば「思い出よりも形に残るものを」と買い物にウエイトを置いていたあなた!

もしかしたら損をしているのかもしれませんよ

 

これまでの人生はさておき、これからの人生は発想を転換させ、「旅」に重きを置いてみませんか?旅から得られる経験は、思い出以上のものをあなたの中に残します。

つらい時や苦しい時、その経験を思い出せば笑顔になれることもあるでしょう。あの時食べた料理がどれだけ美味しかったか、あの時見た夕焼けがどれだけ美しかったか、旅で出会った人々との微笑ましい交流、それらがあなたを幸せな気分にさせてくれるのです。

 

筆者の場合、

過去の旅の思い出は全て鮮明に記憶に残っています。もともと忘れっぽい性格なのですが、「旅」の経験に関してはきっと認知症になっても覚えている気がします。不思議と旅の思い出は、今でも色褪せることなく記憶の中にしっかりと定着しているのです。

 

 

 

旅の経験はあなたを変えてくれる☆

旅に出て、「トラブルに遭いながらも目的地まで無事たどり着けたとき」「文化の全く違う国に滞在し愕然としたとき」「見知らぬ土地で困っている時に親切を受けたとき」…

私たちはもはや数分前の私たちではなくなります。

 

 

安定し住みなれた場所を離れ一歩外の世界へと踏み出せば、私たちの視野は一気に広がります。様々な文化を経験し、多くのことを学ぶことができるのです。日本の良さを再認識するということもその一つ。

私たちは、旅という経験を通して「新しい自分」になることができるのです。

 

 

 

人生は思い出で成り立っている

 

死の瞬間、あなたは何を思うでしょう?

 

おそらく、楽しかったこと、美しかった景色、そして幸せだと感じた瞬間を思い出すことでしょう。奮発して買ったブランド品のことなど、思い出すことはないでしょう。

 

幸せになるためのお金の使い道、ここでちょっと立ち止まって考えてみませんか?

 

 

 

幸せの近道は“人助け”

 

突然ですが、最近誰かに感謝された記憶はありますか?どんなに小さなことでもいいんです。例えば、財布を拾って警察に届けて落とし主が見つかったとか、転んだ人に手を差し伸べてお礼を言われたとか、電車の中で席を譲って感謝されたとか。

 

 

人に親切にすると、なんだかちょっと自分まで嬉しくなりませんか?実はその嬉しい気持ちが「幸せへの近道」なんです。

 

・人助けは自分の幸せになります!

・誰かのためになりながら、自分のためにもなるのです!

 

 

 

では、どんな人助けをする?

 

何も難しく考えることはありません。街で、会社で、家庭で、誰か困っている人がいたら声をかけ、荷物を持ってあげたり、お茶を淹れてあげたり、愚痴を聞いてあげたり。。。。

 

街で見かけた外国人観光客を助けてあげるのもいいかもしれませんね

 

異国の旅先で現地の人に “自分が” 助けてもらった瞬間を思い出してみてください。本当に嬉しかったですよね?もう、その国の人たち全員を好きになってしまいますよね!

同じように、あなたが助けてあげればきっと大喜びしてくれるはずです!

 

 

というわけで、

幸せになるためには「旅」と「人助け」が必要になってくるわけです。

 

ならば、海外に出かけ、現地で人助けをすれば最高にハッピーになれるじゃないですかっ

 

 

こうして、心を開き周囲を見渡す視点を持つことができた時点で、内向きの悶々としていた気持ちから抜け出し、利他の心が芽生えてくると思うのです。

 

是非、「旅」と「人助け」をして、人間力を高めていってくださいね!

 
 
あなたが幸せになれますように ☆

 

 

関連記事: