謎多き歌姫!ZARDの坂井泉水さんにとって人生の「幸せ」とは?

 

1990年代の日本音楽界を席巻した「ZARD」のボーカル、坂井泉水さんは2007年5月27日、40年という短い生涯を閉じました。小田急線の渋沢駅(神奈川県秦野市)では、同市とゆかりのあった坂井さんを偲び、駅のメロディにZARDの曲が使われるなど、死後もその功績が薄らぐことはありません。

しかしながら、「負けないで」や「揺れる想い」などのミリオンセラーを連発した華々しい功績とは裏腹に、メディアへの露出を極端に抑えていた “歌姫” 坂井泉水。そんな彼女の知られざる素顔を改めて振り返ってみましょう。

 

 

 

 

謎に包まれた歌姫の生涯

 
当時、坂井泉水さんの転落死のニュースは所属事務所の発表を受けてテレビ局が臨時テロップで流していたのですが。。。年齢を確認するだけでも現場は大混乱だったそうです。

実際には、坂井さんは1967年2月6日生まれなので、亡くなった2007年時点では40歳だったことがわかるのですが、当時彼女のプロフィールは公表されていませんでした。

 

 

坂井さんは2007年5月26日午前5時42分頃、東京・信濃町の慶応義塾大学病院の非常階段付近で大量の血を流して倒れているところを発見されました。

スロープ状になっている高さ約3メートルの地点から転落して後頭部を強打したとみられており、翌日、脳挫傷のため死亡したのです。当時、「手すり部分には手の跡が残っており、腰を掛けていてそのまま後方に転落した」との見方が有力でした。

 

それでも、事故としてだけでなく、自殺や事件の可能性もあるとして捜査されていたのです。

現在は「事故だった」として解決していますが、自殺や事件の可能性だって “ゼロ” と断言することはできません。

 

 

坂井さんは2006年6月に子宮頸がんを患い、全摘出手術を受けて回復の兆しを見せていたのですが、その後肺への転移が見つかり、2007年春には入退院を繰り返していました。どうやら、事故現場の非常階段は日課としていた散歩コースだったようです。

そんな坂井さんのアーティストとしての経歴は、実に華々しいものがあります。1993年に「負けないで」が大ヒットし、その後「揺れる想い」「マイ フレンド」などもヒット。亡くなった2007年当時のCD・DVDの総売り上げは3600万枚を超えていたといいます。

 

そのような状況だったにも関わらず、坂井さんがテレビ番組に出演したのはわずかに数回だけ。しかも、ファンの前に生の姿を見せたのは1999年のライブと2004年のライブツアーだけでした。

このように、ファンにさえその実像がほとんど知られていない坂井さんは、まさにミステリーな存在だったと言えるでしょう。

 

 

 

 

「美人」と言われテレビが嫌いに…

 
どんなにヒット曲を連発しても、ZARD・坂井泉水のメディアへの露出は控えめでした。ファンの前に初めて生の姿を見せたのは、デビューから8年も経った1999年8月です。それは、アルバムを購入してくれたファンを対象にしたクルーズ客船でのライブだったのです。

このように、メディア露出を控えることで “価値” を向上させる戦略を、当時「ビーイング (ZARDの所属事務所) 商法」と呼んでいました。

 

ただ、この戦略は「歌と私生活を大切にしたい」という坂井さんの想いにも合致していたようです。

 

そして、坂井さんの友人はこう証言しています。

 

「彼女は『きれいだね』とか『美人ですね』と言われるのが大嫌いで、歌番組の共演者に『きれいな人』などと何度も言われ続けたことがきっかけでテレビ嫌いになったと聞いています。」

 

 

以来、近しい人以外に対しては人嫌いになってしまったのでしょうか。ミリオンセラーを連発しながらも、坂井さんは派手な振る舞いを避け続け、人気絶頂期の1996年には東京都心ではなく、郊外の町田市に一戸建てを新築するのです。

そして、この40坪足らずの (ある意味地味な) 新居に親を呼び寄せるのですが、町内会に入ることも近所付き合いをすることもなかったのです。

 

ただ、自宅には105平方メートルもの地下階があったようで。。。坂井さんはそこで歌の練習や作詞活動でもしていたのでしょうか。

これまたミステリーですね。

 

 

 

 

実は気さくな一面も

 
坂井泉水さんのPVを見ていると、横顔やうつむき加減の映像が圧倒的に多いように思えるのですが、これには理由があります。

それは、坂井さんの場合は、他のアーティストさんとは全く異なる手法で撮影されているから。

 

レコーディングや何げない日常の風景を撮るために、片隅で長時間カメラを回して撮影されているようなのです。これには明確な理由があって、作りこんだ映像よりも自然体の彼女のほうが魅力的だったから。納得です。

このため、自然と横向きの映像が多くなり、本人もそういった映像を気に入っていたようです。

 

そんなナチュラル派の彼女はメディアへの露出が少なかったこともあり、街角で突然ファンにサインを求められるといった経験も少なかったようですが、一つ面白いエピソードがあります。

 

 

それはシドニー・ロケでの出来事でした。

 

坂井さんが散歩をしている姿を撮影していると、それに気がついた日本人の新婚カップルがサインを求めてきました。坂井さんは少し困ったような表情を浮かべて、映像制作担当者のもとに歩み寄り、こう言ったそうです。

「こういうときって、サインしてあげてもいいんですよね?」

 

そして、この担当者が「してあげればいいんじゃないかな」と答えると、嬉しそうな様子でサインに応じていたそうです。

なんとも人間らしいエピソードですね。

 

 

 

 

坂井さんにとっての幸せとは?

 
子宮頸がんの摘出手術を受け、ほっとしたのもつかの間。がん細胞は肺に転移していました。

『早く仕事がしたい!』

 

それでも、いつもスタッフに心遣いをみせていた彼女は、見舞いに来てくれた人たちが帰り際、わざわざベッドから起きてエレベーターの前まで見送っていたそうです。

そんな気配りの人坂井さんは、「幸せとは?」と問われて次のように答えています。

 

 

 

亡くなった年の秋には、アルバムの発売とライブツアーを行う計画があった坂井さん。闘病中も病床で詩を書き続けていたそうです。その一生は幸せだったのでしょうか。無念だったのでしょうか。

私はこう思います。たとえ短い生涯だったとしても、好きなことはできていたので「幸せ」だったに違いない、と。

 

 

 

 

関連記事: