アンジー・ブラピ離婚の背景にある「トラウマ」の正しい克服法

 

大きな精神的ショックや恐怖が原因で起きる心の傷のことをトラウマといいます。交通事故や家庭内暴力、性的虐待、ネグレクト、戦場体験など…。

人はそうした恐ろしい経験によって、絶望的なまでに過去に囚われてしまうことがあります。もともとの体験はもう何年も前のことだというのに…

 

いまだに悪夢に悩まされたり

フラッシュバックに襲われたり

爆発的な憤激や感情の麻痺に陥ったり

 

しかし、

そのようなトラウマを負っている人たちは実際、どのような状態にあるのでしょうか。そうしたトラウマはどうしたら治療できるのでしょうか。

あなたの心にブレーキをかけているトラウマ、呪縛するトラウマから解放されるために、、、

今回は、アンジェリーナ・ジョリー & ブラッド・ピットの離婚問題と親権争いを例に「トラウマの解決法」をみていきたいと思います。

 

 

 

アンジェリーナ・ジョリーのトラウマ
若い頃のアンジー
若き日のアンジー

 

アンジェリーナの元乳母クリサンさんは、「アンジェリーナが実母から受けたのと同じように、彼女も子供たちにトラウマを与えているのではないか」と懸念を示しています。

アンジェリーナの母親ミシェリーヌ・ベルトランさんは卵巣がんにより56歳という若さで亡くなりましたが、夫ジョン・ヴォイト (役者) の浮気により、アンジェリーナの生後間もなく別居。

 

これがトラウマとなり、幼少時代のアンジェリーナは自虐行為を繰り返し、父親を憎み続けてきたと言われています。

(その後父親とは共演しているので、この幼少期のトラウマは緩和させているのではとも思われるのですが)

 

クリサンさんは、アンジェリーナが3歳の時、彼らと一緒に居ることが辛く、また手のつけられない状態になったため乳母を辞めてしまったそうですが、その後もミシェリーヌさんとは近しい友人だったようです。

 

そんな彼女は、「アンジーのことをとても心配しているの。お願いだから、子供たちの生活からブラッド・ピットを排除しないでください。子供たちを離婚するための武器に使って、ご主人を悪魔に仕立てあげないで」と強く訴えています。

 

「アンジーのやり方は、あなたの母が夫を子供たちから遠ざけたのと全く同じ方法なんです。そのため、あなたは孤独でトラウマを持った幼少時代を過ごしてきたのです。」

「それと同じ苦悩を子供たちに負わせたいの?アンジーがミシェリーヌと同じ過ちを繰り返そうとしているので心配です。手遅れになる前に、思いとどまってほしい」

 

アンジェリーナは母ミシェリーヌを今でも敬愛しており、男性に対する不信感やトラウマ、そして両乳房切除及び再建手術、子宮及び卵管摘出手術に踏み切ったこともすべて、今は亡きミシェリーヌの影響なのです。

 

 

 

トラウマ性ストレスにうまく対処するために

トラウマ、苦悩、闘病で悩む海外セレブ

 

トラウマは脳に痕跡を残します。扁桃体に悪影響を与えているのです。

扁桃体とは、情動反応の処理において特に重要な役割を果たしている脳内の重要な部位です。この扁桃体が過敏に反応することで、トラウマに悩み苦しむ患者たちは必要以上に危険を感知し、「ストレスホルモン」が頻繁に分泌されてしまうのです。

 

他にも、トラウマと深く関係している脳部位に前頭前皮質があります。前頭前皮質は、「危険だよ」と感知した扁桃体の情報を判断する役割を担っています。

仮に扁桃体による「連発する警報」を受けたとしても、前頭前皮質がこれを「誤報だ」と判断すれば、ストレス反応はじきに抑制されるのです。

 

つまり、脳内の扁桃体か前頭前皮質のどちらか一方が「正常」であってくれれば、トラウマ性ストレスに深く悩まされることはなくなるわけです。

 

 

具体的な対処法として、以下の3つが挙げられます。

 

① マインドフルネス瞑想・ヨガ

 

② 深呼吸・適度な運動

 

③ カウンセリング

 

これらを日常的に行うことにより、自律神経系が再調整され、脳内の機能が正常化し、トラウマへの過剰な反応が減少していくのです。

 

 

アンジーと子供たち、FBIの聞き取り捜査を受ける

2016年秋、単独親権を取得していたアンジェリーナ・ジョリーと6人の子供たちが、FBIによる聞き取り捜査を受けたそうです。

アンジェリーナは、ブラッド・ピットとの離婚を申請した理由について、「9月に、フランスからアメリカに戻るプライベート・ジェット機の中で、ブラッドが長男のマドックスに暴言及び暴力を振るったこと」としています。

この発言を受け、児童サービス局及びFBIが捜査に乗り出したわけなのですが…

 

しかし、密室での出来事である上、ブラッドに飲酒や麻薬の症状はなく、また、暴力はなかったことが明らかになったため、起訴されることはありませんでした。

子供たち、特に当事者であるマドックスへの聞き取り調査が離婚劇のキーポイントとなっているのです。

 

「養子の長男がいちばん私に似ている」と話すアンジー
「養子の長男がいちばん私に似ている」と話すアンジー

 

ブラッドは暴力を否定しています。

 

離婚を申請されてから数回、ブラッドは子供たちと面会しています。当初、長男マドックスだけはブラッドとの面会を拒否していたようですが、その後しっかりと面会を果たしています。

相変わらず、親権を巡る2人の協議は互いの弁護士を通じて行われているようですが、マドックスは完全にアンジェリーナの味方なのでしょう。

 

共同親権を求めるブラッドはマドックスとどんな会話を交わしたのでしょう?

いずれにしても、この離婚劇の背景にはアンジェリーナの過去のトラウマが大きく影響しているようです。

 

 

 

ブラッド・ピットの知られざる一面
アンジェリーナはなぜ、家族思いのブラッドピットと離婚したいのか?

 

ブラッド・ピットはどんなに疲れていても、子供が起きる時間に起き、子供と一緒に朝ごはんを食べているそうです。毎晩一緒に寝るようにもしており、その他多くのエピソードからは、とても家族を大切にする立派な父親であり夫であるように思われます。

 

そんなブラピ!
実は、

 

① オバマ大統領と遠い親戚
9世代離れた従兄弟関係にあるようです。

 

② 妻アンジーから滝をプレゼントされている
2011年、48歳の誕生日プレゼントとしてアンジーからLA郊外にある滝とその周辺の土地をプレゼントされています。

 

③ 語学勉強に熱心
過去にはギリシャ語を勉強していました。その理由は、前妻ジェニファー・アニストンがギリシャ系の血をひき、幼少の頃ギリシャで過ごしていたから。ジェニファーを驚かせたかったようですね。
近年は、インターナショナル・スクールに通う子供たちがフランス語も話すため、自身もフランス語を習っています。

 

④ 下積み時代にはいろんなバイトを経験している
着ぐるみ姿でチラシを配ったり、ストリッパーの送迎をしたりと、それなりに下積みを経験しているブラビ。

 

⑤ 映画「トロイ」撮影のためタバコをやめた
過去には、マリファナを常習していたほどの愛煙家でしたが、「トロイ」の撮影を機に禁煙しました。

 

⑥ おもちゃは1人一つまで
家族で何度か来日しているブラピ & アンジーですが、ブラピは教育面を考え、「おもちゃは1人一つまで」として原宿などでショッピングを楽しんでいます。
総合的に判断すると、子供たちのワガママ・贅沢を寛容に受け入れるアンジーと、普通の子供らしく育てたいブラピの子育て方針の食い違いも、歯車が狂ってしまった要因の一つなのではないかなと思います。

 
 
 

ブラッド・ピットの言葉
ブラッドピットとアンジェリーナジョリーの馴れ初めと離婚理由

 

1963年12月18日生まれのブラッド。1975年6月4日生まれのアンジー。一回りほど年上のブラッドは妻を愛し、いたわり続けてきました。

 

「俺の妻は病気になった。仕事での問題、私生活、子供たちとの問題や失敗などに絶えず神経質になっていた。35歳だというのに体重は40kgほどに。」

 

「すごく痩せ、絶えず泣いていた。絶え間ない頭痛、胸の痛み、神経過敏な背中と肋骨に苦しんでいた。僕たちの関係も崩壊寸前だった。」

 
 

「彼女は自分のことを大切にしなくなった。映画の撮影、すべての役を断るようになった。僕は希望を失い、すぐに別れることになるだろうと思った。しかしその時、僕は何とかすると決意した。」

 

「僕は花やキスや褒め言葉を送り始めた。ことあるごとに彼女を驚かせ喜ばせた。人前では彼女のことだけを話した。」

 
 

「彼女は輝き始め、体重も増え、神経質になることもなくなり、僕のことを愛するようになった。」

 

2005年の映画「Mr. & Mrs. スミス」の共演で交際がスタート。養子・実子の6人の子供を育てながらも事実婚を続けていた2人。

 

なぜ、2人の良好な関係性は崩れてしまったのでしょうか。トラウマの負の作用…本当に怖いものですね。残念でなりません。

 
 
 

終わりに
ブラピとアンジーの離婚理由と養子縁組の経緯
 
トラウマには、これぞという「選り抜きの治療法」はないと考えるセラピストが多いようです。当然、根本原因は人それぞれ異なるため、その人にあった方法で治療を進めていかなければなりません。

ただ一つ、「患者が良くなるためであれば、何だってやる」という姿勢が大切なのではないでしょうか。

 

EMDR、ヨガ、内的家族システム療法、ニューロフィードバックなどなど。

 

脳と心と体に痕跡を残しているトラウマ…

 

海外セレブの結婚離婚

 

一筋縄ではいきません。「今、どんな状態にあるのか」を見定めた上で、それぞれの場合に適した治療法を選択し、それらを組み合わせ、対処していかなければならないようです。

 

 

アンジーのケースでは、ブラピはよく頑張ったのではないでしょうか。ただ、より適切で専門的なカウンセリングを施さなかったことがトラウマの緩和に結びつかなかったのでしょう。

長男マドックス君が、「パパは自分のことを真剣に考えてくれていた。だから厳しく接していたんだ。」と気づき、ママにそのことを伝えてあげることができれば、状況は好転するかもしれません。

 

ただ、家族の関係性は当人同士にしか分かり得ないもの。問題は表に出てきているものだけではないのでしょう。

 

私たちには、ただ温かく見守っていくことしかできませんが、もし、あなたの周りにトラウマで悩み苦しんでいる人がいたら、できる限りの方法で助けてやってほしいものです。

 

 

 

関連記事: