羽生名人が語る難病と闘った天才将棋棋士・村山聖

 

1996年に前人未到の七冠を達成し、現在まで20年以上にわたり将棋界のトップに君臨する羽生善治。

その天才を追い詰める存在として、かつて「東の羽生、西の村山」と並び称されたのが故・村山聖 (さとし) 九段です。

 

羽生と同世代の棋士として、10代の頃から頭角を現し、実力の拮抗したライバルとして熱戦を繰り広げていました。

しかし、幼少期から腎臓の難病「ネフローゼ」を抱えていた村山は、プロ入り後に癌を患ってしまいます。入院や手術を繰り返しながら、将棋を指し続けていたのです。

 

そんな村山は、最高クラスであるA級まで上り詰め、幼い頃から夢見ていたタイトル「名人」を射程に捉えたのもつかの間、道半ばで病に倒れ、1998年に29歳の若さで亡くなってしまったのです。

将棋に人生を捧げ、今なお棋界に影響を与え続けている村山九段。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

プロの中でも異質な存在

羽生名人が語る難病と闘った天才将棋棋士・村山聖

 

羽生は1970年生まれ、村山は1969年生まれ。「羽生世代」は名棋士揃いです。小学生の頃から羽生のライバルだった森内俊之、独創的かつ型破りな戦術で「変態」の異名を持つ佐藤康光、将棋界に革命を起こした「藤井システム」の生みの親である藤井猛などなど。

こんな名人たちに囲まれて、村山も大活躍しているはずでした。

 

「10代から亡くなる直前まで、期間として言えば短いは短いかもしれないですが、村山さんとは貴重な思い出がたくさんあります」

羽生は、村山との出会いをこう振り返っています。

 

「村山さんの将棋は特に『こんなのが最初の作戦で大丈夫?』と心配になることもありました。対局している姿も苦しそうというか辛そうな感じで、二重の意味で大丈夫なのかな? と」

「そんな状態で指す将棋がとんでもない冴えと切れ味。その二面性に、棋士の中でも異質なタイプだとしみじみ感じていました」

 

 

「網走に行くと村山さんを思い出す」

羽生名人が語る難病と闘った天才将棋棋士・村山聖

羽生は、村山との対局以外での思い出を聞かれ、一緒に過ごした時間についてこう話しています。

 

「行きつけの食堂に連れて行ってもらい、いろいろな話をしました。村山さんは勝負の時は厳しい、険しい感じですけど、日常は結構気さくな人」

「高倉健さんの話をしていたのが印象に残ってますね。特に『網走番外地』が好きだと話していました。今も、網走に行くと村山さんのことを思い出すんです。村山さんは網走に行ったことがあるわけではないと思うんですけど」

 

 

「羽生さんと一緒の空気を吸いたい」

羽生名人が語る難病と闘った天才将棋棋士・村山聖

映画「聖の青春」の中で村山を演じる俳優の松山ケンイチは、「この映画のヒロインは羽生善治さん」と話しています。実際、村山にとって、羽生は多くの棋士の中で特別な存在だったのです。

ある時、村山は関西から東京に上京する理由を『羽生さんと一緒の空気を吸いたい』と言っていました。

 

これについて後日羽生は笑ってこう答えています。

「それは村山さんが言ってたんですか?……初めて知りました」

「実際、対局も結構してますからね、同じ場所にいた時間はかなりあったと思います」

 

 

人生で最後に敗北した対局

羽生名人が語る難病と闘った天才将棋棋士・村山聖

1997年のNHK杯決勝、村山はほとんど勝ちを決めていた将棋で、秒読みに追われてミスをし、羽生に敗れてしまいました。これが棋士として、人生で最後に敗北した対局となったのです。

その後、公式戦で5連勝し、そのまま病を隠して1年間の休場を宣言します。近づく死を意識する中、最後に自ら会いに行った棋士も羽生でした。

 

東京から地元広島に戻り入院していた村山は、非常に危ない状態だったにもかかわらず、広島に仕事で来ていた羽生に「どうしても会いたい」と父親に車で会場まで連れて行ってもらい、実際に会ったのです。

当時を思い起こし、羽生はこう話しています。

 

「その時が最後になるなんて夢にも思っていなかったです。村山さんはいつもひょっこり現れて、気がついたらいなくなっているんですよね」

「最後まで彼は病は隠していたので。そんな風に会いに来てくれたことは嬉しかったですね。休場は発表していましたけど、当然翌年元気な姿で出てくると思っていました」

 

 

終わりに

羽生名人が語る難病と闘った天才将棋棋士・村山聖

幼少期に腎臓の病気ネフローゼを発症し、1997年には膀胱ガンが見つかったもののこの時すでに死期をわかっていたのか「将棋に影響する」として手術と抗がん剤治療を拒んだ村山。

翌1998年、そのガンが原因で亡くなりました。

 

村山聖という人間は、人と考えていることがまるで違う男、全身全霊で勝負事に生きた男でした。

もし彼が生きていたら…

 

そんな思いを胸に、映画「聖の青春」を観てみたいと思います。

 

 

関連記事: