元おニャン子メンバーが語る「生かされている」ことへの感謝

華やかな世界に生きる芸能人であっても、どんなに健康に気を遣っている人であっても、病気は無差別に、誰かのもとにやって来ます。

 

「なぜ自分が…」

 

とひどく傷つき、深く悲しみ、やるせない気持ちになってしまうことだってあるでしょう。それでも人間は、その苦しみを乗り越え、成長し、何かを学び取っていかなければならないのです。

 

今回は、かつての大人気アイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバーの闘病生活を通して、「生きるとは何なのか」「絆がいかに大事なものなのか」について共に学んでまいりましょう。

 

 

 脳動脈瘤の手術を受けていた新田恵利さん 

元おニャン子クラブの新田恵利さんは、2013年にテレビ番組の企画で行った健康診断で発見された「脳動脈瘤」を1年に一度、経過観察してきました。2014、2015年は腫瘍が大きくならず変化はなかったのですが、「ちょっと安心していた」2016年の検査結果で腫瘍が大きくなっていたのです。
 

闘病生活を経験した元おニャン子クラブの新田恵利さん
 
その後、

凄腕の担当医が「難しい手術でした…」というほどのオペを無事に終え、現在は少しずつ快方へと向かっているようです。

 

新田さんは術後にこう語っています。

「『死』というものとの距離が縮まった時、そしてその時が過ぎ去った時、改めて『生かされている』事に感謝です」

 

 

 乳がんと闘った生稲晃子さん 

2011年に乳がんとなり、2015年秋までに右乳房全摘と再建の手術を計5回行い、現在は講演活動などで自身の経験を伝え続けている元おニャン子クラブで女優の生稲晃子さんは、こう振り返っています。

「怖くて触ることができませんでした。しこりに触るのが怖くて…」

 

2011年1月に受けた人間ドックで右胸の異変が発覚。

4月28日の43歳の誕生日に「初期の浸潤性乳頭胆管がん」と宣告された生稲さんは娘に「手術をしなければ、ママは死んでしまうかもしれない」と話し、5月に患部の摘出手術を受けたのです。

 
 

 なくなってしまうママのおっぱい 

乳がんを患った芸能人、生稲晃子

 

2度の再発を経て、2013年12月に4度目の手術で右乳房を全摘出した生稲さんは、当時7歳だった1人娘に「ママの右のおっぱいがなくなってしまうんだよ」と打ち明けます。

手術の3日前、娘とのいい思い出にしようとクリスマスイブの12月24日に銭湯へ。「これが、この子と銭湯に行く最後かと思って…。」

 

「とっても楽しいけれど、とっても悲しい日でもありました…」と涙ながらに話してくれました。

 

手術後、自宅で一緒にお風呂に入るとき、右胸に水滴がかからないようにしてくれたという娘。その思いやりとサポートに感謝するように涙を流す生稲さん。

 

「右の乳房は自分に命を与えてくれるために去っていってくれたんだと思いました。右胸にありがとう、さようならという思いでした」
 
 

 
 

 家族のサポートもあって少しずつ元気に 

 

 

 終わりに 

病気を機に、おニャン子クラブ時代の同僚との交流が深まり、みんなから「大丈夫?」と定期的に連絡が来るようにもなりました。

 

「病気になったおかげでメンバーと改めて縁が繋がった。この病気に感謝したい」と前向きに語るお二人の今後のご活躍と、笑顔いっぱいの生活が送れますことを心から願っております

 

関連記事: