自分を嫌いになってしまった時 〜「心の免疫力」を高める方法とは?

 

自分に自信が持てず、心理学で言うところの「自己肯定感が低い」人の周辺には、批判的な意見を口にする人たちが多くいるようです。人は「否定」にさらされ続けることで、「自分はやっぱりダメな人間なんだ…」と自己批判を繰り返し、心がズタボロになっていくのです。

心の健康のためには、自己肯定感が欠かせません。自分を「ダメだ」と思ってしまうと、「心の免疫力」が大きく下がってしまいます。

 

このように、ストレスが生じやすい考え方の背景には、物事を悪い方へと捉えてしまうような「認知の歪み」があることが少なくなりません。

ストレスに押しつぶされそうだと感じる前に、まずは「認知の歪み」がないかどうか、立ち止まって考えてみましょう。そして、「自分に批判的な人たちからはまず離れる」ことです。

 

今回は、“自分を嫌いになってしまったとき”の対処法として、「心の免疫力」を高める方法を紹介したいと思います。

 
 
 
 

まずはじめに、自分自身へのダメ出しはやめましょう!

失敗をしてしまったり、心が傷ついたとき、あなたはすぐに落ち込んでいませんか?それは、あなたの育ってきた環境が良くないのかもしれませんし、遺伝子レベルでの背景があるのかもしれません。

ただ、そんなことばかり言っていても仕方ありません。前向きに、なんとかそのネガティブ思考法を改善させていかなければなりませんね。

 

 

どうしたらいいと思いますか?必要以上に自分を責めてしまう “自己批判”タイプのあなた…

まず、こうした強い自己批判は、「自己肯定感」の慢性的な低下と心の不健康に繋がるんだ、ということをしっかり覚えておきましょう!

 

言うなれば、「心の免疫力」が著しく低下してしまうのです。免疫力が弱くなると、私たちの心はちょっとしたことでも傷つきやすくなり、「打たれ弱い」状態になります。

なんとなく気分が沈み、悲観的で消極的な態度になりがちです。憂鬱や不安が高まり、過食症や拒食症になる危険もあります。さらには人間関係の満足度が下がることもわかっています。

 

ここで一つ!

自分へのダメ出しをしないことを約束してください

 

逆に…

 
 
 

「自己肯定感」を高める努力をしましょう!

自己肯定感を高めれば、心の免疫力が強化され、多少のことではへこたれなくなります。人は誰しも、自分を厳しく見てしまいがちなのですが、あなたの場合は「自分へのダメ出しは悪影響をもたらすだけだ」と考えるべきなのです。

その上で、家族、配偶者、友人、上司など、あなたに批判的でネガティブな言葉をぶつける人たちからはできる限り距離を置きましょう!

 

 

 
 

ここで大事なことは、「自己肯定感」を高めるためにはどうしたらいいか…を考えること。そのために、自分を尊重してもらうために、まずは相手を尊重することから始めましょう。

それでも批判をやめない相手からは、そっと距離を置きましょう。
いくら「自己肯定感」を高める努力をしてみても、周りから常に攻撃されているような状態では到底無理です。そこから離れることは必須なのです。

次に、以下を読んでみてください

 
 
 
 

自分の強みを確認しよう☆

ポジティブな言葉や体験は、自己肯定感を高めるためには絶対に必要なこと。しかしながら、自己肯定感が低い人は、人に褒められるのが苦手です。褒められても素直に受け取ることができず、余計に混乱してしまいます。

ですからまずは、自分で認識できる長所を探すところから始めましょう。どんな人にも、必ず良いところがあります。必ず、です!

 

 

「自分にはこんな強みがある」ということに気づくことで、次第に心は強くなっていきます。例えば上司にひどく怒られたとき、仕事のことで自信を持つのは難しいかもしれませんが、「素敵な友人がいる」などと別のことでポジティブになれたら気分の落ち込みは軽減されます♡

というわけで、折れない心を作るために、以下の①~⑤のエクササイズを定期的に実行しましょう。できれば毎日、無理なら週に1回でも結構です。用意するのはまっさらな2枚とペンですよ

 
 
 
 

自分の強みを確認するエクササイズ ☆

① 1枚の紙に、自分の良いところを書き並べましょう。性格や特徴、やり遂げたことなど、何でもかまいません。少なくとも10個以上は見つけてくださいね

 

② 良いところを考えているときに、ネガティブな考えや批判的な言葉が心に浮かんできた場合は、それを2枚目の紙にすべて書きとめましょう。

 

③ 1枚目の紙に書いた中から、自分が一番大事だと思うものをひとつ選んでください。そのことについて、短い文章を書いてみましょう。なぜあなたは、この特徴やスキルや経験が大事だと思うのでしょうか?あなたの人生にとって、それはどんな意味を持ちますか?

 

④ 次に、2枚目の紙はクシャクシャに丸めてゴミ箱に捨てましょう。

 
⑤ 次回、1枚目のリストの中から別の特徴をひとつ選んで、それについて短い文章を書きましょう。定期的にこれを実行し、リストのすべての項目が終わるまで続けてください。

 
 
 
 

まとめ

このエクササイズは、無力感や傷つきやすさを軽減し、嫌なことがあっても折れない心を作ることに目的が置かれています。自己否定を減らし、ポジティブな言葉を受け入れやすくするのです。

とはいえ、自己肯定感を高めるにはそれなりに時間がかかります。すぐに効果が出ないと思っても、けっして焦らないでくださいね。
医師やカウンセラー、親友に相談してみることも一つの手です。

 

 

・批判的な人々の輪から離れる (環境の変化)
・上述したエクササイズの実行

 

これらを継続し続けていけば、多くの場合において、状況は改善されていくことでしょう。心の免疫力を高めるために、是非とも積極的に実行してみてくださいね!

 

ただ、あまりにも自己肯定感が低すぎて、自分や他人を傷つけたい気持ちになっているときはすぐに助けが必要です。まずは最寄りの病院に行き、今後の対処について相談してみましょう。

 
 

関連記事: