あなたを支配する「仕事」「結婚」「子育て」「生きづらさ」の呪縛を解消する方法

 

「生きるのが辛い」とか「死にたい」とか、そういう気持ちを抱いて、「もう無理!限界だ!」と思ったらこの記事を最後まで読んでみてください。

人の心というものは、様々な慣習、偏見、思い込みに囚われやすいものです。例えば、未婚者を「負け組」と呼んで見下してみたり、「女性は痩せている方が美しい」と思い込み極端なダイエットに走ってみたり…

 

 

 

 

そもそも、

結婚せずとも人にはそれぞれの幸せがありますし、ぽっちゃりだって十分に幸せです♡

 

周りからの強制をなくし、人目を気にしない生き方ができれば…

「生きづらさ」の正体を突き詰めて、毎日が自由になる方法を手に入れることができれば、あなたはきっと幸せになれることでしょう!

 

 

ただ、残念ながら多くの人たちは「思い込み」に縛られるあまり、窮屈な価値観の中に自分や他人を閉じ込めてしまっているのです。

 

 

 

 

なぜ現代人はこうした「呪い」にかかってしまうのか? 

 

例えば、顕著な例として拒食症の患者さんがいらっしゃいます。彼らは、外見が老人のように衰弱してもなお執拗なまでに体重にこだわってしまうのです。明らかに不健康で美しさとは程遠い姿が鏡に映し出されていても、正常な認知・判断ができていません。

『痩せている方が魅力的!』という呪いに、心の奥底まで支配されてしまっているのです。

 

このように、人は誰しも多かれ少なかれ何かしらの「思い込み」に心を奪われ支配されています。

例えばあなたは代々医師の家系に生まれ育ち、周囲から医師になることを期待され、プレッシャーを受けて育ったとしましょう。仮になれなかったとしても、他にやりたいことを見つけてうまく方向転換できればいいのですが、幼少期から刷り込まれた呪いにとらわれ、自ら将来の道を狭めてしまうことがあります。

 

医師の代わりに病院の事務で働いたり薬剤師になったり、中途半端に医療の道にしがみついてしまう。そして、屈託を抱え続けてしまう。どちらが上ということはないのですが、医師の夢が叶わなかった妥協策として選んだ道に縛られ苦しみ続けてしまうのです。

表面上は平静を装っていても、心の中では挫折感や劣等感から抜け出せずに苦しんでいる人は大勢います。

 

また、「機能不全家族」で生まれ育ち、自分のことを信じられない、自信が持てない、人の顔色ばかり伺う、といった傾向があるようであれば、あなたは「アダルトチルドレン」かもしれません。

メンタルが弱くて打たれ弱く、生きにくさを感じてしまい、「普通の人と同じようには生きられないけれど、どうにか生きています」という方も少なくありません。

 

そして、人は様々な呪縛から、恋愛や結婚の悩みと同じく「理由はわからないけれど生きづらい」ということで深く悩んでいるのです。

 

 

 

 

社会に「呪い」が生まれるメカニズムを知ろう

 

このように、人は自らを苦しめ、人生を不自由にしてまで、なぜそうした「呪い」に支配されてしまうのでしょうか?

 

まずはこう考えてみてください。

「人間は、ある程度の束縛があった方が安心して生きていける生き物なんです。過度な (100%の) 自由は人を困惑させますし、耐えがたいものです。だからこそ、社会にはある程度の「縛る」共通認識が存在しているのです。」

 

例えば、『痩せている方が美しい』『子は代々の家業を継ぐべきだ』といった考え方もそのひとつです。このような束縛があった方が “一時的にはラク” なので、「違う生き方もあるんだ」と想像はできても、実際に外れることは難しいわけです。

こうした様々な「呪縛」が、最終的にはあなたの人生を苦しめることになっていくのです。

 

古くからの慣習などは、とりあえずの共通認識が歴史の重みによって権威付けされた、呪いの最たるものかもしれませんね。

 

 

 

 

大事なのは「呪い」を受け入れ、上手に手なずけていくこと ♡

 

では、そうした「呪い」がもたらす苦しみから逃れるためには、いったいどうすれば良いのでしょうか?

 

・・・残念ながら、社会の中で生きていく以上、「呪い」を完全に切り離すことは難しいと考えてください。その前提のうえで、大事なのは、「呪い」を “拭い去る” のではなく上手に折り合いをつけてうまく “手なずけていく” ことなのです。

先ほどの拒食症患者のように痩せることが人生のテーマになっている人であれば、その呪いをとりあえず受け入れ、しかし、痩せることは “目的” ではなく “手段” ではなかったのかと、改めて考え直してみることが大切なのではないでしょうか。

 

ほかにも、『子どもがなかなかできず、親族からの視線が痛い』『同僚に仕事で差をつけられて辛い』『結婚したくはないけど、しないと負け組なのか?』といった様々な呪縛があることでしょう。

このような心境の時にぜひ実践していただきたいことは、『しょうがないよね…』と “苦笑い” する余裕の心を持つこと。

 

「呪い」に心を支配されるのは実に馬鹿らしいことです。100%の自由は逆に怖いものです。であれば、50%は支配されて適度に苦笑いでやり過ごすくらいの人生がちょうどいいのではないでしょうか😉

 

 

 

 

関連記事: