「テキトー男」高田純次の「明日の1万より今日の千円」って考え方に学ぶこと

  「適当男」の名を欲しいままにする高田純次さんの「軽い」ように見える生き方はいま、多くの人にとって「憧れ」の対象となっています。ただ、高田さん本人は「意外と軽くは生きてないんだよ」と反論されていますが (笑)

Read more