クレジットカードで審査落ち!再審査までにやっておくべきこと5つ

 

クレジットカードで審査落ち…悲しいですよねぇ。通らなかった理由はいくつか考えられますが、ここではリベンジ (次回の再審査申し込み) までにやっておくべきことを記しておきたいと思います。

「時間」が解決する場合もありますし、具体的な「行動」を要する場合もあります。ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

再審査までにやっておくべきこと5つ!

 

① 「多重申し込み」ならとりあえず半年待つ
多重申し込み (同時期に複数のカード申し込みを行うこと) は審査落ちする重大な原因の一つです。あまりにたくさんの申込履歴がある場合、カード会社はクレジットカード発行により一層慎重になります (このような状況を「申し込みブラック」と言います)。とりあえず、半年くらいは申し込みを控えておきましょう。

 
 

② 不利な状況を改善する
「無職」「求職中」「アルバイト・パート勤務」「勤続年数が短い」などの状況はカード審査にとても不利になります。カード会社やカードの種類によっては審査基準のゆるい場合もありますが、不利となる環境は改善するに越したことありません。
また、ゴールドカードなどのグレードの高いカードの場合は、正社員であっても勤務歴が短ければ審査が厳しくなります。

 

 

③ 使っていないカードは解約する
すでに複数のカードを所有している場合、カード会社は発行に慎重になります。例えばVISAカードを新たに作ろうとした場合、既存のカード  ①JCB (カード枠200万円)  ②アメックス (カード枠100万円) があるとしたら、VISA側は「この人はすでに300万円の与信枠がある」と判断します。

 

その上で、追加で与信枠を提供することが難しいと判断したら審査に落ちることもあるのです。

 

※ どうしても解約したくない場合は、デスクに電話して限度額を引き下げてもらいましょう

 
 

 ④ 上位グレードのカード審査を狙う場合、まずは実績を積み上げよう
ゴールドカードやプラチナカードといった上位カードの場合は、一般カードより当然審査が厳しくなります。これが原因で審査に落ちたであろう場合には、おとなしく一般カードで「カードの使用履歴」を積んでから、 再度申し込みをしましょう。
※ 特にプラチナの場合は、同系列の一般カードやゴールドカードで毎月決済をする実績作りが大事です

 
 

⑤ 「ブラックリスト」に入っていないかチェック
もしかしたら知らないうちに「ブラックリスト」に入っていないとも限りません。クレジットカードやローンの支払い遅延などを行なっていませんか?

 

このような、金融機関のブラックリストに載りそうな身に覚えのある方は、「消えるまで待つ」しかありません。

 
 

以上が「審査落ち」した際に行うべき対策です。いずれの場合も「ある程度の時間」は必要です。どうしても、仕事や旅行の関係ですぐにクレジットカードが欲しい」という方は…

 
 
 
 

「ブランドデビット」がおすすめです!

 

 

「クレジットカードが欲しいけど審査に落ちてしまった…」

 

そんな方におすすめなのが「ブランドデビット」です。ブランドデビットとは、銀行口座から即時決済されるデビットカードとVISAやJCBなどのクレジットカードブランドが提携しているカードのことです。

 
 

例えばVISAデビットカードの場合、VISA加盟店ならクレジットカードと同じように決済可能です (ただし、支払いは即、銀行口座から引き落とし)。

 

この「即時決済」が採用されているため、「ブランドデビット」カードには審査がありません。例えば、「楽天JCBデビットカード」をみてみると、デビットカードなのに利用額の1%がポイントとして貯まるんです!おまけに年会費は無料!

 

「クレジットカード審査には落ちたけど、どうしてもクレジット機能が必要」という方は検討してみてくださいね。

 
 

関連記事: