ダイエット中の「空腹感」を紛らわす6つの効果的な方法

ダイエット中の空腹感って辛いものですよね。しかし、お腹がすくのはある意味仕方のないことです。

でも、これを乗り越えなければダイエットの成功はあり得ません。ではどうやってこの空腹感を乗り切れば良いのでしょうか?

 

以下にその方法をまとめてみました。

是非参考になさってみてくださいね。

 

 

 

 空腹感を紛らわす6つの効果的な方法 

 

1. とにかく何かを噛む

「お腹がすいたな~」と思ったら何かを噛みましょう!もちろん、ダイエット中なのでカロリー低めのものがいいでしょう。シュガーレスのガムだけでなく、昆布やするめイカなら味がしばらく残り、楽しみ味わいながら噛めますよね。

噛むという行為をすることで、満腹中枢を刺激し、結果として空腹をまぎらわすことができますからね!

 

他にも、きゅうりやたくあんなど、歯ごたえのあるものもいいでしょう。野菜なら罪悪感も生まれず、しっかり栄養も摂れちゃいます♡

 

 

2. 歯磨きをする

歯を磨くという行為によって、食事をした疑似感覚が得られ、新たな食欲を感じなくなる効果があると言われています。

おまけに歯もきれいになるので口臭予防にもなります♡

 

 

3. お腹が空く前に食べる

ダイエット中の「空腹感」を紛らわす6つの効果的な方法

空腹時に食事をすると、必要以上に食べ過ぎてしまいます。だったら、「あまり空いていないんだけどなぁ」といったタイミングで先に食べてしまいましょう。

だからと言って好きな時に好きなように食べていいということではありませんよ

消化にかかる時間は約3時間なので、食後3時間くらいで軽く口に何か入れるようにすると良いでしょう。

 

 

4. 体を軽く動かす

運動をして体に刺激を与えることで空腹感をまぎらわすこともできる、と言われています。

空腹時に軽めの運動をすると、血糖の消費量が増え、体内に溜め込んでいた脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれます。なので、より効果的に痩せやすくなるのでは

運動不足解消やいい気分転換にもなり、一石三鳥ですね!

 

 

5. 何かに夢中になる

仕事が忙しいときなど、ランチを忘れて集中していることはありませんか?

その状態がダイエットにはいいんです!

 

そこで意図的に、何か夢中になれることを作ってみましょう。パズルやパソコン、掃除など何だっていいんです。これなら無理に食欲と闘わなくて済むので、ストレスを感じないことでしょう。

 

 

6. お風呂に入る

ダイエット中の「空腹感」を紛らわす6つの効果的な方法

自宅にいる時であれば、お風呂に入ることで空腹感を紛らわすことができるのをご存知でしょうか。

胃は温められると感覚が鈍くなると言われています。

 

帰宅した直後、夕食前にお風呂に入ることができれば、溢れんばかりの食欲を少しは抑えられるかもしれませんよ。

 

 

 

 気持ち次第で空腹感には勝てます! 

 

ダイエット中の空腹感は大敵のような気がしますが、お腹がすくのは当然です。この空腹感をいかにごまかすかがダイエットに成功するか失敗するかのカギを握っていると言っても過言ではありません!

ダイエット中の「空腹感」を紛らわす6つの効果的な方法

今までは空腹感とどう向き合っていけば良いのかわからなかったかもしれませんが、6つの方法を取り入れていただければもう怖いものなしですよね♡

 

そして、完食も間食も絶対にダメ!ということはありません。

 

最後に、

どうせ間食するならこれを食べていただきたい、というものを書いておきますので、常にカバンの中に閉まっておきましょう。

 

 

 ダイエット中のオススメ間食 

 

  • 煮干し
  • おやつ昆布
  • ドライフルーツ
  • ノンシュガー飴

 

 

さあ、時にはこれらを食べながら、

普段の食事では

 

  1. よく噛んでゆっくり食べる
  2. 食事の前にスープなどの汁物を飲む
  3. 野菜から先に食べる
  4. 脂質の多いものを食べ過ぎない
  5. 寝る前3時間は絶対に食べない

 

 

以上のことに気をつけて、楽しみながらノーストレスで目標の体重に仕上げていってくださいね♡

 

そして、

不謹慎な考え方ではありますが、どうしても我慢できない時には

飢餓に苦しむアフリカの子供たち
飢餓に苦しむアフリカの子供たち

 

彼らのことに思いを馳せながら、食欲に打ち克ってください。

 

それでは、検討を祈っています

 

関連記事: