ニオう汗は太る原因に!痩せるための「良い汗」をかく方法

いきなりですが、「汗をかけば痩せる」と思っていませんか?
 
でも、残念ながらそんなことはないんです。ただ汗をかくだけで痩せるというのは現実にはあり得ないことなんです。
 
実は、汗には「良い汗」と「悪い汗」の2種類があり、痩せるための「良い汗」をかかなければ、痩せることはないんです。
 
 
そこで今回は、ダイエットを頑張っているあなたに贈る、「良い汗」をかく方法について紹介したいと思います♡

 

 

 汗の役割とニオイのメカニズム 

まず、汗には「体内に溜まった熱を放出させる」「体温上昇を防ぐ」「体温を調整して体や脳を守る」といった役割があります。ありがたいことです。

そして、
汗の成分の99%以上は水なので、基本無臭のはず…なのですが、中には臭〜いものもあるのです。

 

ニオう汗は太る原因に!痩せるための「良い汗」をかく方法
 
汗に含まれるミネラルが多いと、それが菌の養分となり、臭いニオイの元になるのです。大粒でベタベタした汗…蒸発しにくい汗…

そんな汗は、体温を下げる能力も低い欠陥の、いや「悪い汗」と呼ばれるものなのです。
 

 

これが汗と一緒に流れ出てしまうと、内蔵の機能が低下し、代謝機能も低下し、体調不良に陥ってしまうのです。

 

この代謝機能の低下こそがダイエットの敵なのです!

 

燃焼が滞り、せっかく汗をかいても痩せられない…ということに…

 

つまり、このような「悪い汗」(臭いのある汗)が太る原因ともなるんです(悲)

 

 

 

 じゃあ、いったいどうすればいいの? 

ニオう汗は太る原因に!痩せるための「良い汗」をかく方法

その答えは簡単です。

「悪い汗」の代わりに「良い汗」をかくこと!

では、「良い汗」とはいったいどのような汗なのでしょうか?それは、サラサラ〜っとしていて小粒で、臭いもない汗。

 

じゃあ、どうしたらその「良い汗」をかくことができるの?

 
 


 
 
・湯船にしっかり浸かること

・軽い運動をすること

・エアコンの設定温度を外気温差5度以内に設定すること

 

などいろいろありますが、一番大事なのは汗をかく訓練をすることなんです。

 

 

《汗をかく訓練》
熱いお湯で汗腺を刺激する♡
 
① 湯船に膝が浸かるぐらいの熱めのお湯(45度前後)を入れ、足と腕を10分つけます

② この後、ぬるめのシャワーをじっくりと浴びます

③ 終了!
 
 
これを3週間ほど続けることで汗腺機能を高めることができます♡ 結果、今まで「悪い汗」を垂れ流していたはずのあなたが、「良い汗」をかきやすくなっているはずなのです。

是非、試してみて下さいね

 

 

 

 終わりに 
いかがでしたか?

 

「悪い汗」を「良い汗」に変え、臭わない汗とダイエットに効果的な汗をゲットゲットしてくださいね♡

 

他にも、

 

《半身浴》
38~40度くらいのぬるいお湯に、20〜30分ほど胸くらいまで浸かったりするのも良いですよ!もちろん、適宜水分補給を行ってください。

最後に、肩まで5分浸かってあがればバッチリです♡

 

 

また、夏場に冷房の効いた部屋に長〜くいるときは、2〜3時間ごとに熱めのお茶を飲みましょう。これだけでも「汗腺機能が働く環境を整える」ことができます

 

Let’s diet 

関連記事: